楽天カードでJALマイルを貯めることも交換することもできない

旅行

楽天カードは、年会費無料でポイントが貯まりやすく、楽天のサービス利用時のポイントが増えることから、利用者が非常に多いカードです。

JALマイルを貯め始めた方は、既に持っている楽天カードで貯めたポイントをJALマイルに変えられる方法はないのかと気になっていることでしょう。しかし楽天カードでJALマイルは貯まりません。

ポイントサイトを介してJALマイルを貯める方法について多くのサイトで紹介されていますが、ここではそれをあえて紹介していません。広告主にとってメリットが少ないため(ポイントサイトを経由したユーザーの楽天カード利用率が極端に低いなどの理由)徐々に広告主も撤退してきています。

本記事では、楽天カードとマイルの親和性、そしてサブカードとして楽天カードを持つメリットについて解説していきます。

楽天カードとマイルの親和性は低い

結論から言えば、楽天カードでJALマイルを貯めることも交換することもできません。

楽天とANAが提携しており、ポイントとANAマイルの交換は可能ですがあまりレートは良くなく、おまけ程度の扱いです。ポイントサイトなどを経由して無理矢理交換する方法もあるようですが、レートが非常に悪くなるのでおすすめしません。

楽天ポイントとJALマイル、どちらを貯めるべき?

楽天ポイントは1ポイントを1円として利用することができ、シンプルで分かりやすく使えるという利点があります。マイルのように交換する商品によってマイルの価値が変わるようなこともありません。

また、楽天のサービスだけを使っている分には、お得なカードであると言えます。楽天カードを使った楽天市場での買い物でもらえるボーナスポイントの多くは期間限定ポイントになってしまうため、早めに使わないといけないデメリットもありますが、還元率で言えばマイルのそれを超えることもあるでしょう。しかし、楽天以外での通常のショッピングで貯まるポイントは100円=1ポイントとなっており、それ以上になることはほとんどないので、楽天市場をあまり使わない方は、もっと別なカードを検討するのも良いかもしれません。

旅行が好きな方、飛行機を利用する方は、楽天ポイントよりもマイルを貯めることをおすすめします。マイルを航空券に交換することで、1マイルは1円以上の価値を持ちます。楽天ポイントをANAマイルに変換することは可能ですが、2ポイントにつき1マイルの交換となってしまうので、それよりだったらJALカードのような100円につき1マイル貯まる航空会社のカードの方が良いでしょう。

ANAマイルに交換は可能だが微妙

楽天はANAと提携しており、楽天ポイントを2ポイントにつき1マイルに交換することが可能です。また、ANAマイレージクラブカードが付帯した楽天カードも発行しています。

ANAマイルを貯めるのであれば楽天カードも良いのでは?と思うかもしれませんが、2ポイントにつき1マイルしか交換できず、あまりレートはよくありません。提携しているわりには、他の流通系カードと同等のレートになっており、楽天ポイントが余った方向けのサービスと言えます。

また、楽天市場を利用するとポイントの積算率は何倍にも上がりますが、多くは期間限定ポイントとして加算されてしまい、それらをANAマイルに交換することはできません。

楽天カードをサブカードとして使うのもアリ

楽天カードはマイルを貯めるのにはあまり適していないカードですが、メインカードをJALカードのような航空系カードにし、楽天カードをサブカードとして利用することはおすすめできます。楽天カードは年会費が発生しないので、持っておいても損することはありません。

使い方によっては、JALカードの弱点を補うこともできます。

楽天カードの海外旅行保険は条件付きだが充実

楽天カードは年会費無料でありながら、海外旅行保険が付帯します。保険内容は、年会費1万円のJAL CLUB-Aカードとほぼ同等です。

ただし、JALカードとは異なり旅行保険は自動付帯ではありません。旅行の費用、もしくは空港までの移動にかかった交通費を楽天カードで支払うことで、旅行保険が適用されます。

旅行の費用は、ツアー代金や航空券の料金が対象です。空港までの移動費は、自宅から空港までのシャトルバスや、空港までの有料特急列車の料金、地方空港からの航空券、タクシーなどが対象です。自家用車やレンタカーは対象外です。

もし、楽天カードでそれらを支払った場合、同伴者も楽天カードを持っていればその人たちも旅行保険の対象となります。家族カードを持っている同伴者も同様です。

非常用カードとして重宝

クレジットカードは、2、3枚持っておくことをおすすめします。メインで使うカードのほかに、予備用として持っておくと安心です。

楽天カードは年会費が発生せず、JCB、VISA、Mastercard、AMEXの4種類の国際ブランドから選ぶことができます。

海外では、VISAもしくはMastercardしか利用ができなかったり、対応店舗であってもなんらかの事情で決済が上手くいかないことがあります。

特に、JCBやアメックスをメインカードとして持っている方は、海外で利用できるようにVISAもしくはMastercardのサブカードを持っておくことをおすすめします。

楽天プレミアムカードはプライオリティパスが付いている

JALカードではプラチナカードがなければ付帯されないプライオリティパスですが、年会費10,800円の楽天プレミアムカードでは、同等のプライオリティパスが付帯します。もちろん、楽天プレミアムカード単体でカードラウンジも利用が可能です。

プライオリティパスは、国内の空港ではあまり使えないのが正直なところですが、海外渡航時の乗り継ぎ先での空港や、帰国前の空港で重宝します。中には、航空会社の上級会員向けのラウンジも対象になっている空港もあるので、ラウンジアクセスがないJALカードの普通カードやCLUB-Aカードと一緒に持つのも良いでしょう。

JALマイラーにはおすすめできないがサブカードとしてのコスパは良い

楽天カードはマイルを貯めるのに不向きなカードで、特にJALでマイルを貯めている方との相性は良くありません。

楽天カードで貯まったポイントは1ポイント=1円として使うことができ、シンプルに貯めて使えるという利点があります。また、楽天市場などのサービスをよく使っている人にとっての恩恵は多く、ポイントが3倍になったりもします。一方で、楽天のサービスをそれほど使わない人にはあまりおすすめできないのも事実です。もし旅行好きでなんとなく楽天ポイントを貯めていた、という方はメインカードをJALカードに変えてみるのはいかがでしょうか。

楽天カードは、マイルを貯めるのには適していないものの、カードとしての機能はすぐれており、年会費が無料でありながら、JAL CLUB-Aカード相当の海外旅行保険が条件付きで付帯したり、楽天プレミアムカードでは通常プラチナカードにしかないプライオリティパスが無料で付帯するなど、コストパフォーマンスに非常に優れています。

使い方次第でJALカードの弱点を補うことができるので、JALマイラーにとっても、楽天カードをサブカードとして持つのはおすすめできます。

タイトルとURLをコピーしました