【JAL贔屓】マイルとは?マイルでできること、マイルを貯めるメリット

旅行

「マイルって聞いたことはあるけど、どういうものかよく知らない」「カードのポイントよりもお得って言うけど、1マイルにはどれぐらいの価値があるの?」

マイルに対してこのような印象を抱いている人は多く、筆者もその一人でした。

本記事では、マイルがどのような仕組みで貯まり、どのように使うことができるのかを解説していきます。

マイルとは

[「マイル」は航空会社のマイレージプログラム(ポイントプログラム)で使われるポイント単位です。]

基本的には名前の通り、飛行機で移動した距離(1マイル=約1.6km)に応じてマイルが積算する仕組みになっています。

フライトだけではなく、クレジットカードの利用でマイルを貯めたり、他社のポイントからマイルに変換することもできるため、飛行機に乗らずにマイルを貯める人も一定数おり、彼らは「陸マイラー」(おかマイラー、もしくはりくマイラー)と呼ばれています。

マイルは他のポイントプログラムと比べるとお得になることが多いのですが、航空券との交換を主に想定されているので、旅行にあまり興味がない方にはおすすめできません。

マイルから他のポイントに変換することも可能ですが、航空券などと比べると還元率は下がってしまいます。

1マイル=いくら?

楽天ポイントやTポイントなどの流通系カードで貯まるポイントは、1ポイント=1円相当で利用できるため非常に分かりやすい仕組みになっています。一方、マイルに関しては、交換する航空券によって変動してしまうため分かりづらくなっていますが、1マイル=1円以上と考えてもらって問題ありません。

JALの場合は12,000~15,000マイルで国内線往復、20,000マイルで東アジア往復、40,000マイルでホノルル(ハワイ)往復が目安となっています。国内線であれば1マイル=2円ほど、国際線の場合は別途燃料サーチャージと税金が発生するため少し価値が下がって1.5~2円ほどになりますが、プレミアムエコノミーやビジネスクラスになると、1マイルあたりの価値は一気に上がります。

例えば、成田とホノルルのビジネスクラス往復は300,000円ほどですが、マイルであれば80,000マイルと30,000円(燃料サーチャージと税金)で交換できるため、1マイル=3円以上の価値になります。

レートは少し下がってしまいますが、航空券以外にも、WAONのチャージやPontaなどの他ポイントに変換することも可能です。その場合でも1マイル=1円程度で交換できます。

マイルはどうやって貯める?

フライトで貯める

飛行機に搭乗することでマイルを貯めることができます。

マイルという名前なので、移動した距離(1マイル=約1.6km)をベースに計算されます。単純に1マイルにつき1マイル積算されるわけではなく、航空券によって積算率は変動します。

[搭乗券にはエコノミーやビジネスクラスなどの座席のクラスとは別に、運賃クラスが設定されており、クラスに応じて積算されるマイルが異なります。]

  • マイルは搭乗者本人にしか付与されません(出張時も本人に紐付けられます)
  • 予約時に会員番号を入れる、チェックイン時に申請、事後申請でマイルを紐づけできます
  • 他社を含むすべてのフライトを紐づけられるわけではありません

搭乗した航空会社と登録するマイレージプログラムは同一であるか、航空会社同士が提携している必要があります。たとえば、ANAの飛行機に乗っても、ライバル関係であるJALのマイルを貯めることはできません。一方、JALと提携しているアメリカン航空で東京とニューヨークを往復した場合は、JALのマイレージプログラムでもマイルを積算することが可能です。

格安航空券など運賃が安ければ安いほどマイルの積算率は下がりますが、キャンペーンなどで特別料金が設定されている場合は、マイル積算の対象外である場合があります。そして、提携会社であっても他社のマイレージでマイルを貯めようとする際はマイルを貯める条件が少し厳しくなっています。

たとえば、キャセイパシフィック航空は、JALと提携しておりマイルが積算可能ですが、クラスの対象外であれば積算されることはありません。

クレジットカードで貯める

クレジットカードの利用でマイルを貯めることも可能です。JALなどの航空系カードであれば、100円利用につき0.5~2マイル貯めることが可能です。

公共料金や食料品などさまざまな費用をカード決済すると、結構な額のマイルが貯まります。たとえば、毎月10万円決済し、100円=1マイルと計算した場合、年間で合計12,000マイル貯まります。これだけで国内線往復チケットと交換できます。

さらに、JALカードのような航空会社が発行しているカードは、さまざまなキャンペーンやより多くのマイルを獲得できるプログラムを実施しています。特約店と呼ばれる一部のお店では貯まるマイルが2倍になったり、カードの利用とは関係なしに、フライト毎に貯まるマイルが最大25%増額したり、毎年1回以上搭乗すると2,000マイルのボーナスがもらえるなど、カード会員は多くのベネフィットが得られます。

マイルを貯める上では、航空会社のクレジットカードを発行するのは必須であると言えるでしょう。

マイルでできること

航空券との交換

マイルを積極的に貯めている人の多くは、特典航空券との交換を目標にしています。ここではJALの例を中心に解説していきます。

冒頭で述べたとおり、時期やキャンペーンによって左右されますが、12,000~15,000マイルで国内線往復、20,000マイルで東アジア往復、40,000マイルでハワイ往復が目安となっています。

多くのポイントプログラムでは、1ポイント=1円として利用できるようになっていますが、マイルの場合は1マイル=2円以上の価値になることが多々あります。

交換する上での注意点

  • 特典航空券は、時期によっては手に入りづらく、必要マイル数が上がることもあります。
  • 日系航空会社の場合、自分のマイルを使って交換できるのは親族や配偶者に限られます。

マイルと航空券の交換は、ネット上で行うことができます。特典航空券で購入できる枠はあらかじめ定まっているため、ホリデーシーズンなどは、特典航空券が交換できなかったり、国際線の交換に必要なマイル数が倍に跳ね上がっていることもあるのでご注意ください。

特典航空券が発行できるのは、本人の他に配偶者と、2親等以内の家族、義兄弟姉妹の配偶者までが対象です。同居や同一の生計を証明できる書類があれば、同性パートナーや事実婚の相手にも適用されます。

特典航空券の交換範囲が家族に限定されているのはANAも同様ですが、デルタ航空やブリティッシュ・エアウェイズなどの欧米系航空会社のプログラムでは、友人などの分も交換できることがほとんどです。

座席のアップグレード

追加料金を払えば、プレミアムエコノミークラスやビジネスクラスなどにアップグレードできますが、マイルを使ってアップグレードすることも可能です。

JALでは、当日空席があれば通常よりも少ないマイルでアップグレードすることも可能です。例えばサンフランシスコ行でエコノミーからプレミアムエコノミーへアップグレードする場合は、通常20,000マイル必要ですが、当日空席があれば16,000マイルでアップグレードできます。なお、ファーストクラスへのアップグレートは、ビジネスクラスの座席を購入しなければできません。

正直、アップグレードに必要なマイル数は割高で、あまりコストパフォーマンスは良くないので、上位クラスに乗りたい方は、最初から上位クラスの航空券と交換することをおすすめします。

マイルでのアップグレードは、マイルを持て余している方のためのサービスとも言えます。

マイルを貯めることのデメリット

航空会社が限定されてしまう

航空会社がマイレージプログラムを提供する理由の一つに、会員が利用する航空会社を縛る目的があります。

もちろん、マイルなどを気にしなければ、その時の一番安い航空券を購入することもできますが、マイルを貯め始めるとそれは勿体なく感じ始めることでしょう。

安い航空券でかつマイルも貯めたい場合は、自身のマイレージプログラムがどこと提携しているか、どこのアライアンス(航空連合)に属しているかを念頭に置いて検索する必要があります。さらにそのチケットの予約クラスがマイル積算の対象であるかも確認しなければなりません。

予約クラスを確認するのは少し面倒ですが、GoogleフライトやSkyscannerなどの航空券検索サイトでは、航空会社やアライアンスを限定して検索する機能もあるため、それらを活用することをおすすめします。

また、同じアライアンスや提携関係であっても、他の航空会社のマイレージプログラムとはマイルを合算することはできないので、複数のマイレージプログラムに登録するよりも一社に絞る方が効率的に貯めることができます。

有効期限に気をつける必要がある

1ポイント1円として利用できる楽天やTポイントなどの流通系のポイントプログラムと比べると、マイルは使わずに貯める期間が長くなってしまいがちです。

JALとANAではマイルの有効期限は、積算してから3年に設定されており、利用の度に有効期限が延びる措置もありません。そのため、計画的に利用しなければ、気づいたらマイルが失効していたということも起こり得ます。

有効期限が心配な方は、欧米系のマイレージプログラムも検討すると良いでしょう。デルタ航空の場合、有効期限は設定されておらず、ブリティッシュ・エアウェイズもJALと同じ36ヶ月ですが、マイルの積算や利用で変動がある度に全マイルの期限が36ヶ月延びるため、使い方次第では実質無期限です。なお、ブリティッシュ・エアウェイズは、JALと同じアライアンスであるため、JAL国内線の特典航空券と交換が可能ですし、JALのフライトでマイルが積算されます。ただし、キャンペーンなどは日系の方が充実しているため、貯まりやすさを考えるとJALやANAがおすすめです。

マイルまとめ

マイルは、さまざまな貯め方、使い方ができるため一見複雑そうに見えますが、飛行機を利用する方は簡単に貯まりますし、一般的なポイントカードよりもお得に利用することが可能です。

旅行に興味がない方にはおすすめできませんが、年に1回など少しでも旅行に興味がある方は、マイルを貯めることを強くおすすめします。

フライトで多くのマイルが貯まるだけではなく、クレジットカードの利用でも貯めることができるので、マイルを貯めるまで楽天カードなどでなんとなくポイントを貯めていたことを後悔した人も少なくないぐらいです(筆者もその一人です)。

マイルを効率よく貯める方法や、貯まりやすいクレジットカードなど、様々な方法があるので、ぜひ他の記事も参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました