JAL上級会員「JMBクリスタル」になる方法と特典一覧

旅行

JMBクリスタルは、JALステータス会員の中では最下級で、準上級会員とも言えるステータスです。ただ、一部のサービスで優遇されるため、平会員よりも快適にサービスを受けることができます。

JGC修行でJMBサファイア会員を目指している方は必ず通過するステータスで、修行中の一部期間もJMBクリスタル会員として扱われます。

またJMBクリスタルは、ワンワールド加盟の航空会社でも「ルビー」ステータスとして扱われます。

JMBクリスタル会員はどうやったらなれる?

JMBクリスタル会員は、1月から12月までの1年間で30,000FLY ONポイント(内JAL便が15,000)もしくは、搭乗30回(内JAL便15回)かつ10,000FLY ONポイント以上で会員資格が得られます。

30,000FOPは、チケットにもよりますがJALの長距離国際線を数往復すれば簡単に到達できます。参考までに、成田⇔シンガポールの往復をエコノミークラス(M)で搭乗した場合、往復7,756FOPが積算されます。

JALカード会員は、毎年初回搭乗で5,000FOPが付与されるので、実質25,000FOPのフライトでクリスタルステータスが得られます。一部路線のダブルFOPキャンペーンや、JAL CLUB EST会員はさらに2,000FOPが付与される特典など、さまざまなFOPに関するキャンペーンを行っているのがJALの特徴です。

JMBクリスタルの特典

国内線クラスJ利用時は優先される

JMBクリスタルはJMBサファイア会員ほどの効力はありませんが、国内線クラスJ利用時は、JGC専用カウンターでの優先チェックインと、プライオリティバッゲージ(預け荷物優先受け取り)のサービスが受けられます。

普通席で予約をしていても、空港でチェックインの際にアップグレードを行えば、優先的なサービスを受けられますが、保安検査後にアップグレードを行った場合は恩恵を受けることができません。

JAL・ワンワールドの優先空席待ち

クリスタル会員も、優先的に空席待ちを取り扱われます。

JAL便では、JMBサファイアやJGC会員と同じグレード「A」として優先空席待ちが扱われます。

当日航空券を購入する方やオープン券を持っている方はもちろん、クラスJやファーストクラスへの当日アップグレードの空席待ちも同様に適用されるので、意外と恩恵を受けられる場面は多いかもしれません。

ワンワールド加盟会社でもルビーステータスとして、平会員よりも優先的に空席待ちが扱われます。

国際線で優先搭乗が受けられる

国内線では優先搭乗のサービスを受けられませんが、JALの国際線では搭乗時にクリスタルのステータスカードを提示することで優先搭乗ができます。

ワンワールド加盟会社で搭乗の際は、ワンワールドルビーが優先搭乗の対象だった場合のみ利用可能です。

ボーナスマイルがもらえる

ステータス特典として各フライトでボーナスマイルを獲得できます。

JAL便では55%、アメリカン航空便では55%、ブリティッシュ・エアウェイズ便、イベリア航空便では25%獲得できます。

ただしこちらのボーナスマイルは、JALカードやJGCのボーナスマイルと重複せず、優位なボーナスマイルが優先されます。

平会員よりもFLY ONポイントが貯まりやすい

惜しくもJMBサファイアに到達しなかった場合も、翌年はより簡単にFOPを貯めることができます。

ステータス会員は、ステータスを獲得した翌年(4/1~)の1年間、事前に登録した月の1ヶ月間の国内線FOPが2倍になります。

例えば、先得運賃で羽田⇔那覇間を往復した場合、通常2,952FOP積算しますが、2倍に指定した月であれば5,904FOPが積算されます。

国内線に限定されてしまいますが、1ヶ月間は中距離の海外往復とそれほど変わらないFOPを貯められるため、修行がより簡単になります。

羽田空港国内線サクララウンジを10回利用できる

JMBクリスタル会員になると、その年度で利用できる羽田空港国内線サクララウンジ専用のクーポンが10回分付与されます。

ただし、JMBサファイア会員と比べると、若干の制限があります。利用できるのは本人に限定され、羽田空港国内線以外のサクララウンジは利用できないため、国際線や大阪伊丹空港など他のサクララウンジでは対象外です。

他のステータスも共通ですが、到着時の利用はできません。到着時に羽田空港のラウンジを利用したい際は、カードラウンジ「POWER LOUNGE」をご利用ください。カードラウンジは、利用料を払うかゴールドカードなどが必要です。

一つ上のJMBサファイアはもっとすごい

JMBクリスタルも、準上級会員の立ち位置とはいえ、これだけのサービスの優遇を受けられますが、JMBサファイアはより多くの優遇を受けることができます。

普通席でも専用カウンター、優先預け荷物が利用できるだけではなく、専用保安検査場、専用ラウンジの利用、優先搭乗など、より充実したサービスを受けることが可能です。ワンワールド加盟会社でも「サファイア」ステータスとして扱われるので、JALと同様に上級会員として優遇されます。

また、JMBサファイア会員になることで、JMBサファイアとほぼ同等のステータス(ワンワールドサファイア)を半永久的に維持できるJALグローバルクラブ(JGC)に入会する資格も同時に得られるので、それを目指して「修行」を積む人も少なくありません。

サファイアに届かずクリスタルになってしまった方も、翌年はステータスを上げやすくなる特典もあるので、FOPなどを意識してJMBサファイア以上を目指してみることをおすすめします。

JAL上級会員「JMBクリスタル」まとめ

準上級会員とも言えるステータスなのでJMBサファイアの影に隠れてしまいがちですが、JMBクリスタルでも限定的ながらもさまざまな優遇サービスが受けられます。

JALを利用する際も、クラスJであれば優先手荷物サービスや専用カウンターでのチェックインをすることができ、ワンワールドでもルビーステータスとして扱われるため、平会員よりも快適に飛行機を利用できるでしょう。

JALカードでは最大25%だったボーナスマイルも、クリスタル会員は55%へと上がり、一部他社便でも獲得できるようになる点も侮れません。

個人的に地味に大きいと感じるのは、空席待ちのランクが「A」になること、そして指定月の国内線FOPが2倍になる点です。

オープン券やアップグレードで重要になる空席待ちのランクは、ワンワールドエメラルドに相当するステータスがランクS、ワンワールドルビー・サファイアに相当するステータスがランクA、それ以外がランクBとなります。ランクAの場合、空席待ちに当選する確率は上がるので、急遽飛行機に乗らなければ行けない際や、座席の有償アップグレードをしたい方には大きい特典でしょう。

惜しくもJMBサファイアに到達せずクリスタルになってしまった方も、翌年度はFOPが2倍になるキャンペーンにエントリーでき、修行の難易度が圧倒的に低くなるのでぜひ挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました