JAL上級会員になるには~初めてのJGC修行(回数・FOP・おすすめルートまとめ)

旅行

JALグローバルクラブ(JGC)に入会し、専用のJALカードを発行すると、カードを持っている間は「上級会員資格」が維持されます。

一般的なステータスプログラムでは、会員資格条件に満たない場合、上級会員資格は2年ほどで失効してしまいますが、JALではJGCに入会することでワンワールドサファイアのステータスを維持できるようになっています。

一度JGCに入会してしまえば半永久的に会員資格を維持できるため、JGCに入会するために「修行」する人たちがいます。JGC修行をする彼らのことは「修行僧」と呼ばれています。

JGC会員はどうやったらなれる?

JALを何度も利用することで入会資格が得られる

JGC会員になるには、まず上級会員資格のJMBサファイアを獲得する必要があります。1年間に「FLY ONポイント」と呼ばれるステータスポイントを50,000まで貯めるか、50回搭乗することでJMBサファイアへと昇格します。

JMBサファイア会員になった時点でJGCの招待状が届き、会員専用のクレジットカードを作ることで、JGC会員になることができます。

世間で言われている「JGC修行」とは、JMBサファイア会員になるための修行なのです。

陸マイラーはJGCになれない

飛行機に乗らずに買い物などさまざまな方法でマイルを貯める人のことを世間では「陸マイラー」と呼ばれています。彼らはマイルを多く稼いでいても、飛行機に乗らないのではJGCになることはできませんし、ステータスポイントも増えることはありません。

マイルで交換した特典航空券は、ステータスポイント加算の対象外となっており、基本的には料金を支払って買った航空券がステータスポイントの対象です。

デルタ航空のデルタアメックスゴールドカードのように、カードを年間150万円以上利用すれば上級会員資格を維持できるカードもありますが、JALではそうはいきません。

JGC修行の方法

出張などで飛行機を頻繁に利用する方には無用ですが、年に十数回しか飛行機を利用しない方でも上級会員資格を得たい人は意外と多く、そのような人たちがJGC修行を行っています。

ここでは、JGC修行の代表的なルートである「OKA-SIN」や、国内線50回搭乗について解説していきます。

有名なOKA-SINルートの仕組み

JGC修行の方法としてよく語られる「OKA-SINルート」は、FLY ONポイントの効率を重視したルートで、コストパフォーマンスが良く、JGC修行をする際にこの手法を用いられることがよくあります。

これは、羽田→那覇→成田→シンガポール→成田→那覇→羽田というルートで飛び、最短3日間で2万弱ものFOPが貯まる方法です。関西在住の方は羽田を伊丹・関空に置き換えてもできます。OKA-SINで予約をする際は、以下の点が重要です。

  • 那覇発シンガポール行の往復チケットとして予約
  • 最初と最後の羽田→那覇の往復は別に予約
  • 成田⇔シンガポールはプレミアムエコノミーで予約
  • 全旅程で運賃は12~15万円程度

なぜシンガポール?那覇に行く理由は?と疑問に思ったかもしれません。このような予約方法・ルートをとるのには以下のような理由があります。

  • アジア・オセアニア路線は基本マイルの1.5倍のFOPが積算される
  • シンガポール線は比較的安く、プレミアムエコノミーの料金設定も手頃
  • 場合によってはエコノミーよりプレミアムエコノミーが割安のときもある
  • プレミアムエコノミーは割引運賃でも基本マイルが100%になる
  • 国内空港(那覇)→国際線乗り継ぎは基本マイル100%でかつ往復1万円の追加料金になるためお得
  • 国内線は基本マイルの2倍のFOPが積算される

チケットにもよりますが、クアラルンプール(マレーシア)やジャカルタ(インドネシア)などの東南アジア・オセアニアのビジネスクラスの割引運賃もJGC修行として有効です。ビジネスクラスの場合は、割引運賃でも基本マイルが125%となることがあるため、プレミアムエコノミーよりもFOP単価を抑えられる場合もあります。

このOKA-SINは、最短で金曜朝に羽田出発、金曜深夜にシンガポールに到着し、日曜の夜に羽田到着が最短のルートなので、週5日で働いている人にもわりと現実的なプランです。日程とお金に余裕がある人は、シンガポール観光を間に入れても良いかもしれません。

ただし、最短の場合でも現地で一泊しなければならず、帰国便まで24時間ほどあるため、宿泊費や食費などが別途必要になってきます。シンガポールは物価が高めなので、それらの費用も考慮する必要があります。

国際線の往復航空券には最低滞在日数などが定められており、JALのこのチケットの場合は、シンガポールに着いてすぐに帰国便に乗るということができなくなっています。そのため、シンガポールに1日以上滞在してから帰国便に搭乗する必要があるのです。

国内線を年50回搭乗でも可能

JALの場合、FLY ONポイントを貯める以外にも50回搭乗でJMBサファイア会員になれます。

国内線だけでFLY ONポイントを稼ぐのは少し大変ですが、短距離路線などを使えば50回搭乗は短期間でいけます。

国内線の50回修行では主に以下のようなルートが用いられます。

  • 伊丹⇔但馬の往復
  • 那覇・宮古・石垣・与那国などの沖縄離島をホッピング
  • 鹿児島や奄美大島のホッピング
  • 福岡⇔宮崎の往復

いずれも短時間のフライトで、料金も手頃なのが特徴です。組み合わせ次第では1日に10フライト以上も稼ぐことができます。

回数修行の場合は、基本マイルはほとんど関係ないので、ウルトラ先得などで早めに予約をしておけばなるべく安く抑えられるのが特徴です。

また、JALの公式ツアーとして「跳び飛びの旅 小型プロペラ機でホッピング 2・3日間」が用意されています。

もはやJGC修行のために用意されているとしか思えないツアーですが、東京・大阪から鹿児島や沖縄の離島を飛ぶ旅程が組まれており、自身で旅程を組む必要がなく回数を稼ぐことができます。

跳び飛びの旅 小型プロペラ機でホッピング 2・3日間

回数修行のデメリットとしては、体力の消耗が激しいことや、天候などで運航状況に乱れが生じた際のリスクが大きいことが挙げられます。また、乗り継ぎ時間も考慮して予約しなければなりません。別便で同じだったCAさんとまた会うこともありえるので精神的にも少しキツいものがあるかもしれません。

また、50回修行の場合はFLY ONポイントも15,000以上必要なので、JALカードに加入するなどしてFOPも稼いでおきましょう。

他にもあるFLY ONポイントの貯め方

上で紹介したOKA-SINなどの修行以外にも、FLY ONポイントが付与されるキャンペーンが実施されているほか、普段のフライトでも予約をする際に工夫することで、FLY ONポイントを効率よく貯められます。

国内線フライトで貯める工夫

クラスJやファーストクラスは基本マイルが増えるため、FOPも増えます。特にファーストクラスは50%も増えるため、羽田⇔那覇のような長距離路線ではなるべく上位シートで予約することをおすすめします。もちろん当日アップグレードも対象です。

基本マイルを意識するのであれば、JALパックのようなツアーで予約することはあまりおすすめできません。基本マイルが50%に下がってしまうため、FOPも貯めづらくなってしまいます。料金優先であれば、JALパックの方が安い場合も多いですが、それほど料金に差がない場合やFOPを優先して貯めたいときは、フライトとホテルは別で予約しましょう。

国際線フライトで貯める工夫

国際線では、なるべくJAL便で予約することをおすすめします。もちろんワンワールドの提携航空会社でもFOPを稼げますが、アジア圏であってもFOPの積算率は1倍になってしまいます。また、航空会社によっては基本マイルが積算されない運賃もあり、その場合はFOPも加算されません。

他社運航でもJALのコードシェア便であれば、JAL便と同等の扱いをされるので、マイルやFOPが稼ぎやすくなります。大抵の場合、コードシェア便は少し割高の運賃になってしまうので、どちらがお得かはskyscannerやGoogleフライトなどで計算してみてください。

詳細は後述しますが、毎年一部の路線でダブルFOPキャンペーンを実施しています。その区間でもらえるFOPが2倍になるというものなので、対象の路線を利用する場合はキャンペーンの詳細を確認しておきましょう。

JALカードでFOPが毎年もらえる

JALカードに入会すると、毎年初回搭乗の際にFLY ONポイントが5,000付与されます。20代限定のJAL CLUB EST会員の方は、追加で2,000ポイント付与されます。

フライト毎にJALカード限定のボーナスマイルも付与されるため、修行をしたり何度も飛行機に乗る方は、前もってJALカードに入会しておきましょう。

JGC会員になるにはCLUB-A以上のカードが必要になりますが、ショッピングでもマイルを貯めたい方は、CLUB-Aと実質的な年会費がそれほど変わらないCLUB-A ゴールドがおすすめです。

ダブルFOPキャンペーン

JALでは新規就航路線を中心に、毎年ダブルFOPキャンペーンを実施しています。2019年は3月31日から就航する成田⇔シアトル線が対象です。

北米路線はFOPの積算率が1倍なので、修行目的のフライトにはあまりおすすめできませんが、北米に旅行を検討している方には朗報です。

対象運賃が限られているので、格安チケットでは適用されない場合があります。

JGC修行まとめ

本記事では、JGC修行の基本的な方法をご紹介しました。

月に数回以上飛行機を利用するであろう多くの方には、FLY ONポイントで修行することをおすすめしますが、あまり飛行機に乗ることが多くない方には、50回修行がおすすめです。

また、修行にはJALカードはほぼ必須であると言えます。FLY ONポイントが5,000ポイント付与されるほか、修行中のフライトでもボーナスマイルがもらえるので、JGC入会前にCLUB-A以上のカードを作っておきましょう。

JGC会員になれば、サファイア会員として優遇され、JALだけではなくワンワールドに加盟する他社便でも上級会員として扱ってもらえます。優先搭乗やラウンジの利用、預け荷物の優先受け取りなど、飛行機を利用する際に多くの場面で優遇されるので、時間とお金に余裕がある方は、JGC修行に挑戦してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました