JALカードnaviは学生がJALマイルを貯めるのに最もおすすめ

旅行

JALカードnaviは学生専用のJALカードです。JALカードの中で最強と言えるカードで、学生マイラーならこれ一択です。

JALカード navi限定特典がすごい

マイルの有効期限が撤廃

JALカードnaviを持っている間は、通常3年間のマイルの有効期限が撤廃されます。

卒業後のマイルの有効期限は、通常どおり3年間になるか、CLUB EST会員になれば5年間になりますが、在学中に貯めた全マイルは卒業から有効期限が発生するようになっているので、気づいたら期限が切れてたという事態も防げます。

普通カードにはない海外旅行保険

JALカードnaviには海外旅行保険が付帯しており、普通カードにはない傷害・疾病治療費用、賠償責任、携行品損害の保険も適用されます。

傷害・疾病治療費用に関しては1回につき50万円と少し心細い金額ですが、ないよりは全然マシです。

それでも、海外旅行で病院にかかると高額な請求をされるので、海外旅行保険には別途加入しておきましょう。

navi会員だけ!少ないマイルで交換できる特典航空券がすごい

navi会員限定で、マイルと航空券を交換する際に必要なマイル数が最大60%割引になるキャンペーンがあります。JALカード割引もありますが、それとは比べ物にならない割引率で非常にお得です。カードを持っているだけでこのような特典が利用できます。

キャンペーンの時期は限定的で交換できる枠も限られているため、繁忙期などは思ったように交換できないかもしれませんが、上手くいけば国内線で通常往復15,000マイル必要な区間が、6,000マイルで交換できる場合もあり、国際線も通常の半額のマイルで交換できます。

学生ならではのボーナスマイル

JALカードnaviのユニークな特典として、オリジナルボーナスマイルが挙げられます。

例えば、「語学検定ボーナスマイル」ではTOEICで600点以上や実用英語技能検定(英検)で準1級以上などを取得し、合格証や点数票のコピーをJALカードに送ると、500マイルプレゼントされます。

他にも、毎年1月から12月までの搭乗実績に応じて1,000~2,000マイルがプレゼントされたり、獲得したマイル数に応じて50~300マイルがプレゼントされます。このようなボーナスマイル特典を受けられるのは、navi会員だけです。

JALカード naviの年会費は在学中無料!

[JALカードの中で唯一、年会費が無料のカードです。30歳未満の学生であれば年会費は無料です]

JALカード naviは学生専用カードであるため、年会費は発生しません。

入会条件も学生でかつ18歳以上30歳未満であれば問題ないので、一度社会人を経験してから大学院生になった方でも入会は可能です。

会員資格は学校を卒業するまでなので、それ以降は普通カードに切り替わります。

JALカード naviから選べるブランド

JALカード naviは以下のブランドが選べます

  • JCB
  • DCカード (VISA/Master)

学生専用カードなので発行会社は限られてしまいますが、機能に大差ありません。

JCBの場合、ディズニーデザインを選ぶこともできます。

国際ブランドをどれにするか迷いがちですが、海外で最も使えるのはVISAとMastercardです。国によっては、JCBが使い物にならなかったり、国内でも店舗によっては使えないことが稀にあります。

国際ブランドに関する詳しい解説は以下の記事を参照してください。

買い物で貯まるマイル:100円につき1マイル

通常JALカードは200円=1マイルしか貯まりませんが、JALカード naviでは「ショッピングマイル・プレミアム」が無料で自動付帯するため、100円=1マイルが貯まります。

JALカードはマイルが比較的貯まりやすい仕組みになっています。一般的なカードでは、100円未満の端数はたとえ99円でも切り捨てられてしまいますが、JALカードの場合は1件毎の決済につき、四捨五入で計算されます。例えば549円の買い物をした場合は5マイルですが、550円の買い物の場合は6マイルになります。

さらに、JALカードの特約店で買い物をすれば、獲得マイルは2倍となり、100円につき2マイルに増えます。特約店は、ENEOSやファミリーマート、イオン、マツモトキヨシなど多岐にわたります。

普段の買い物をJALカードにすればあっという間にマイルが貯まる仕組みになっています。明細をこまめにチェックしないと気づいたら使いすぎていたということもあるので、計画的にご利用ください。

搭乗で貯まるマイル:割引運賃でも100%貯まる

[年に何十回も搭乗したり、国際線に乗ったりしない限りは、普通カードで十分です。]

JALカードnaviでは、割引運賃でも積算マイルが100%になる「ツアープレミアム」に無料で加入できます。

JALパックのようなツアー運賃の場合、飛行マイルの50%のマイルしか貯まりませんが、ツアープレミアムがあれば残り50%をボーナスマイルとして獲得でき、実質100%貯まります。さらに、搭乗毎にボーナスマイルが10%獲得できます。

通常ツアープレミアムは、2,160円の年会費が発生しますが、JALカード navi会員であれば無料で加入できます。

JALカード naviのデメリット

ここまで美味しい話だと、何か裏があるのではないかと疑ってしまいますが、将来の優良顧客になることを期待して、学生や20代を優遇するのがJALのやり方です。

年会費もかからず、何か良くないことがあるわけではありません。

唯一のデメリットとしては、利用可能額が10万円に設定されている点です。一見10万円は十分な金額にも見えますが、普段の生活でなるべくカードを利用すると5万円以上にはなりますし、引き落としのタイミングなどがあるため、マイルを貯めるために極力カードを使う方は限度額ギリギリまで達することは多々あるかもしれません。

もし旅行などに行く際は、事前にカード会社に電話をすることで限度額を一時的に引き上げてもらえることがあります。

また、JALカードnaviでマイルを貯め始めると、極力JAL以外を使いたくなくなってしまうのもある意味デメリットと言えるかもしれません。

JALカード navi 卒業後の扱い

卒業の時期が近づくと、JALカード継続の案内が届きます。基本的には普通カードとして自動的にそのまま引き継がれますが、ショッピングマイル・プレミアムやツアープレミアムの有無、CLUB ESTの加入などを選ぶことが出来ます。

また、卒業後もJALカードを継続すると、ボーナスマイルとして2,000マイル獲得できます。

大学院などに進学する際は、書類を送付することでnavi会員資格を継続できます。

JALカード naviはすべての学生マイラーにおすすめ

  • 少しでも旅行に興味がある学生
  • 少しでもマイルに興味がある学生
  • とりあえずクレジットカードを作ってみたい学生

どの学生カードよりも学生を優遇しているカードと言えます。特に、旅行に興味がある学生には断然おすすめです。

マイルが非常に貯まりやすくなっているだけではなく、飛行機のチケットとの交換に必要なマイル数が60%も割り引かれるキャンペーンなども実施しており、社会人も喉から手が出るほど羨ましい特典が揃っています。年会費無料のカードとは思えないぐらいの高待遇です。

ANAの学生向けカードでもここまでの優遇はしていないため、学生がマイルを貯めるならこのカード一択です。

クレジットカードは、学生のうちから作っておいたほうが良いと言われています。社会人になってからは審査が厳しくなり、カード発行の審査に通らないこともあるようです。また、ちゃんと支払いをしていればゴールドカードのような上級カードの審査も、新卒の時点でも通るようになる場合があります。

ただし、支払期限は厳守するようにしてください。支払いが遅れるとカード会社からの信用が下がるだけではなく、他のカード会社や信販会社とその信用情報が5年間共有され、クレジットカードが作れなくなったり、ローンを組めなくなったり、携帯電話を購入する際の割賦(分割払い)の審査が通らなくなるなど、金融面で大きな支障をきたします。

逆に、支払いを期日までに守っていれば、その情報も共有されるようになっているため、無延滞の実績を積んでおけば、さまざまな審査がスムーズに通るようになります。

もう卒業してしまった20代社会人の方はnavi会員になることができませんが、JAL CLUB ESTという20代限定のカードもあります。普通カードの場合、年会費5,400円で加入することができ、ショッピングマイル・プレミアムが無料付帯、毎年5,000円分のeJALポイント付与、マイルの有効期限が60ヶ月に延長など、非常に充実した特典を受けられます。

タイトルとURLをコピーしました