マイルを貯めるのにJALカードがおすすめの理由

旅行

「マイルを貯めてみたいけど、どうやって貯めればいいのか分からない」という声をよく聞きます。

マイルは飛行機に乗れば乗るほど貯まると思っている方も多くいますが、飛行機の搭乗以外にクレジットカードを発行し、利用することで、多くのマイルを貯めることができます。飛行機に乗らずにマイルを貯める人のことを巷では「陸マイラー」と呼んだりもします。

特にJALカードは、年に数回飛行機に乗る人、マイルのことがそれほどよく分かっていない方にもおすすめできるカードです。

本記事では、マイルを貯めるのにJALカードがおすすめできる理由を紹介していきます。

JALに搭乗することで貯まるボーナスマイル

JALカードに入会し、JAL便の飛行機に乗ると、ボーナスマイルが獲得できます。

JALカード入会直後に搭乗すると1,000マイルもしくは5,000マイル、それ以降も毎年1,000マイルもしくは2,000マイルを獲得できます。さらに、飛行機に一度搭乗する度に+10~25%のボーナスマイルも付与されます。

JALカード限定の特典が多い

搭乗する機会が多い人は、年間2,160円のJALカードツアープレミアムに加入することで、割引運賃で減額されたマイル分を補充することが可能です。これはJALカードに入会している方のみ加入することができます。

例えば、JALパックのツアーで羽田⇔那覇を搭乗した場合、マイル積算率は50%に半減してしまい、片道492マイルしか積算されませんが、ツアープレミアムに加入すると、減額された50%分がボーナスマイルとして補充され、片道984マイルが加算されます。もちろんこの他にもJALカード搭乗ボーナスも加算されます。

他にも、マイルを航空券に交換する際の必要マイル数が減額されたり、カードによってはビジネスクラスチェックインカウンターの利用が可能になったり、家族とマイルを共有できるJALカード家族プログラムも利用できるようになるなど、一般会員よりもサービスが優遇されます。

特に、若者を対象にした特典は他社を圧倒するほど充実しています。20代社会人が加入できるJAL CLUB ESTでは、マイルの有効期限が3年から5年に延びたり、国内線サクララウンジを年間5回まで無料で利用できる特典を受けることができるほか、学生専用のJALカード naviでは、マイルを航空券に交換する際の必要マイル数が最大60%も減額され、マイル有効期限も撤廃されるなどの贅沢な特典が受けられます。

マイルがダイレクトに貯まる

JALカードでは、カード利用分のマイルがそのまま積算されます。

一見、当たり前のようにも思えますが、ANAカードの場合、カード利用分のポイントが積算され、一度自分でポイントからマイルに交換する手続きを行わなければなりません。JALカードではそのような手間が必要ないため、シンプルに貯めることが可能です。

デメリットとしては、マイルが積算された時点で有効期限(通常3年)が発生してしまうため、マイルを航空券などと交換せずにいたらいつの間にか失効していたということもあり得ます。

※ただし、JAL ビューカードでSuicaのチャージやJR東日本商品を購入した場合は、JREポイントが積算されます。VIEW’S NET上でJREポイントからマイルへの変換、Suicaへのチャージが可能です。

マイルの還元率は1%以上

JALカードでは、ショッピングマイル・プレミアムに加入した場合、100円につき1マイル、特約店の場合は2マイルが積算されます。

通常、楽天カードのような流通系カードでは、100円につき1ポイント(1円相当)が積算されますが、マイルの場合は、1マイル=1円以上の価値があります。

たとえば、5万マイル(時期により変動)を貯めればロンドン行のエコノミークラス往復航空券と交換することも可能です。通常、羽田⇔ロンドンの航空券は、割引運賃でも15万円前後するため、1マイル=約3円の価値になると言えます。プレミアムエコノミーやビジネスクラスと交換するとそれ以上になることも。

航空券の他にも、Pontaのようなポイントへの交換などにも充てることができますが、1マイル=1円程度に換算されてしまうため、マイルの有効期限が迫っているとき以外はあまりおすすめできません。

特約店が多くマイルが貯まりやすい

特約店で買い物をすると獲得マイルが2倍になります。

特約店は、JALの航空券購入・機内販売だけではなく、ファミリーマートやENEOS、イオン、ロイヤルホスト、マツモトキヨシなど多岐にわたり、食料品や日用品の買い物をするだけでも、多くのマイルを獲得することが可能です。

また、一般的なカードでは、100円未満の端数は切り捨てられてポイントが積算されるシステムですが、JALカードの場合は、四捨五入されて積算されます。例えば1049円の買い物をした場合は10マイルですが、1050円の買い物の場合は11マイルになります。

ファミリーマートなどのような少額決済が中心のお店でも、カードを使って買い物をすることで、思っていた以上のマイルが貯まっていることでしょう。

学生・20代はJALカード一択

JALカードでは、学生向けにJALカード navi、20代社会人向けにJAL CLUB ESTが用意されています。

30歳未満の学生が入会できるJALカード naviは、年会費無料でありながら、在学期間中のマイル有効期限が無期限になり、航空券との交換に必要なマイル数が最大6割引になるキャンペーンや、ツアープレミアムとショッピング・プレミアムが無料付帯する特典など、非常に豪華な特典が用意されています。他の学生向けカードと比較しても、特典は非常に充実しているため、少しでもマイルに興味を持っている学生、旅行が好きな学生には非常におすすめです。

20代社会人向けのJAL CLUB ESTは、通常のカード年会費の他に+5400円(普通カードの場合)で加入することができます。こちらも他社の航空系カードにはないサービスで、マイルの有効期限が3年から5年に延長、JALの航空券購入などに利用できるeJALポイント5,000ポイント(5,000円相当)付与、サクララウンジが年5回利用できる特典、ショッピングマイル・プレミアムの無料付帯、国際線のビジネスクラス・チェックインカウンターの利用など、年会費以上の特典を受けることができます。

ANAにも学生や若者を対象にしたカードはありますが、特典内容は非常に微妙であるため、20代や学生にやさしいのは断然JALカードです。

JALカード まとめ

マイルを貯める上で、JALカードは必須であると言えます。そしてシンプルに貯めることができるため、初心者にもおすすめできるカードです。

年に1回以上搭乗すればフライトボーナスマイルがもらえますし、特約店の利用によってマイルが2倍貯まります。現金派だとなかなか貯まりづらいのが正直なところですが、キャッシュレスはとても便利なので、これを機にコンビニや食料品などもJALカードで決済するのはいかがでしょうか。気づいたら国内線往復できるぐらい貯まっていたということも。

ただし、マイルの有効期限は基本的に3年間で、気づいたら3年前に積算されたマイルが失効していたということもあるので、気をつけてください。

タイトルとURLをコピーしました