【JAL贔屓】カードラウンジと航空会社ラウンジ、利用資格、比較

旅行

空港に早く着いて時間の潰し方に困ったことはありませんか?空港内のカフェで時間を潰すこともできますが、座席数は少なくあまりくつろげないことも。

そんな時は、ラウンジを利用することをおすすめします。

ラウンジには主に2種類あって、それぞれ入室できる条件が異なります。

  • クレジットカードを持っていれば無料で入室できるカードラウンジ
  • 上級会員やビジネスクラス以上の乗客などが入室できる航空会社ラウンジ

それらのラウンジの特徴と入室する方法について解説していきます。

カードラウンジ(共有ラウンジ)

カードラウンジは、全国の空港に設置されており、対象のクレジットカードを持っていれば無料で入室できます。カードによってはハワイや韓国のラウンジも利用できます。

ほとんどの場合、保安検査前の場所に設置されているため、時間に余裕を持って動く必要があります。羽田空港などの一部空港では、保安検査後の制限区域内に設置されています。

カードラウンジでは、電源とWi-Fi、ソフトドリンクが提供されており、搭乗までの時間をゆっくりくつろぐことができます。平日はビジネス客が多く、パソコンやタブレットを開いている人が多いです。場所によってはシャワーを浴びることも可能ですが、1,000円弱の利用料金を別途払わなければなりません。

カードラウンジを無料で利用するには、ゴールドカードやプラチナカードといった上級カードを持っている必要があります。ただし、エポスゴールドカードや楽天ゴールドカードなどの一部カードは利用できるラウンジが他に比べて限られていたり、無料利用できる回数が制限されていることがあります。

JALカードの場合は普通カード(アメックスのみ)、CLUB-Aゴールド、プラチナカードが対象です。

同伴者については、カードによって扱いが異なります。多くのゴールドカードは、本人のみを対象にしていることが多く、同伴者は有料になります。同伴者1名も無料になるのは、プラチナカード、アメックス発行のグリーンカードとゴールドカードです。JALカードも、アメックスブランドは同伴者1名無料です。

ラウンジを利用できるクレジットカードを持っていなくても、1,000円台の入場料を支払えば利用することができますが、あくまでもカードのおまけ程度のサービスなので、入場料を払うよりは、他のレストランやカフェで時間を使ったほうが良いかもしれません。

航空会社ラウンジ

[上級会員やビジネスクラス以上だけが入室できる上質なラウンジ]

(入室できる対象者を図で書く、ファーストクラス、ビジネスクラス、上級会員、アライアンス…)

カードラウンジは、空港会社が主に運営しているのに対して、航空会社ラウンジは優良顧客のために航空会社が運営しているラウンジです。そのため、カードラウンジよりも上質な空間で、軽食やアルコールが無料で提供されています。

JALは、サクララウンジ、ダイヤモンド・プレミア ラウンジ(国内線)、ファーストクラスラウンジ(国際線)を提供しています。

JALに関して言うと、国内線のサクララウンジはビールやウイスキーを飲むことができ、足を伸ばしてくつろげる空間もあります。カードラウンジと比べると比較的居心地が良いです。サファイア会員(上級会員)は同伴者1名含め無料で利用できますが、一般客は3,000円を支払うと入室可能です。JAL CLUB EST会員も年間5回までは入室が無料です。

一方、ダイヤモンド・プレミアラウンジや、国際線ラウンジは、指定の入室資格がなければ利用することはできません。

原則として、どこの航空会社のラウンジも、上級会員とビジネス・ファーストクラスの乗客のために用意されているため、一般客が料金を払って入室することは殆どの場合できません。

上級会員の場合は、同伴者1名が無料で入室できることが多く、同伴者2名以上(子ども含む)を連れていこうとすると、入室を断られます。

また、上級会員は、同じアライアンス(航空会社連合)の航空会社が運営するラウンジを利用することも可能です。JALの上級会員は、その航空会社を利用せずともカンタス航空やアメリカン航空のラウンジを利用することができます(ただし、この場合はJALの会員として航空券に登録していることが条件です)。

例外として、一部の航空会社ラウンジでも、プライオリティパスを持っていれば入室できることがあります。

プライオリティパス

[JALカードの場合は、プラチナカードを発行するとプレステージ会員に!]

航空会社ラウンジなど、入室が限定されているラウンジでも、一部ラウンジはプライオリティパスがあれば入室できます。

通常、無制限で利用できるプレステージ会員の年会費は429ドルですが、プラチナカードなどを発行することで、プレステージ会員の資格が無料付帯するものがあります。

JALカードではプラチナカードを発行することで、プレステージ会員に無料申込みができる資格が得られます。有名なところでは、EPOSのプラチナカードや、楽天のプレミアムカードも同様に発行できます。

一見、とても魅力的に見えるプライオリティパスですが、人によっては使い勝手に少し不満を感じるかもしれません。

プライオリティパスで入れるラウンジは、国内に関して言うとそれほど多くはなく、いずれも国際線内でのみ利用できます。大韓航空やスターアライアンスの一部ラウンジを利用することができますが、人によっては期待はずれと感じてしまうかもしれません。そして、現時点では羽田に利用できるラウンジはありません。

一方、海外のラウンジに関しては、それなりに良いラウンジに入れることが多い印象です。大抵の場合、一部の航空会社ラウンジを利用できるようになっており、場所によっては、シャワーを無料で利用できたり、ホテルのビュッフェのような食事をいただくこともできます。乗り継ぎ先や帰国前に利用する分には最適かもしれません。

同伴者についてはいかなる場合でも有料で、同伴者1人につき一律32ドルがカードに請求されます。

[海外渡航が多く、乗継や帰国前にラウンジを利用したい方におすすめです]

カードラウンジと航空会社ラウンジ まとめ

  • カードラウンジはカード会員は無料、それ以外は1,000円程度の入場料が必要
  • 航空会社ラウンジは優良顧客でなければ原則入れないが、プライオリティパスで入れる場所もある

ラウンジは、カード会員や航空会社の優良顧客のために用意されたサービスであるため、非会員の方は高い入場料を支払わなければいけなかったり、利用できないことがあります。

航空会社の上級会員になる、もしくはビジネスクラス以上に搭乗するのは少し敷居が高いですが、カードラウンジやプライオリティパスで入室できるラウンジは、クレジットカードを作ることで利用できるため、ラウンジを目的に上級カードを作る方も少なくありません。

JALカードの場合、CLUB-A ゴールドカード、プラチナカードでカードラウンジに入室でき、プラチナカードであればプライオリティパスに無料で入会することも可能です。

タイトルとURLをコピーしました