JAL上級会員「JGCプレミア」になる方法と特典一覧

旅行

JGCプレミアは、JALグローバルクラブ会員だけが獲得できるステータスで、ワンワールドの最上級ステータスである「エメラルド」が与えられます。

JALの会員制度では「JMBダイヤモンド」が最上位に位置し、ほとんどの点でダイヤモンドと同等の待遇が受けられます。

JGCプレミアにはどうやったらなれる?

JGCプレミアになるには、JALグローバルクラブ(JGC)に入会した上で、1月~12月の間に80,000FOP(内JAL便40,000FOP以上)、もしくは80回(内JAL便40回以上)搭乗かつ25,000FOPを取得する必要があります。

JALグローバルクラブは、JMBサファイアに到達した時点で入会資格が付与されますが、サファイアまで到達するのにも一苦労です。

80,000FOPまで到達するには頻繁に海外出張をしない限りはなかなかハードルが高くなっていますが、JMBクリスタル・サファイア会員は、国内線搭乗時のFLY ONポイントを1ヶ月間だけ2倍にできるキャンペーンが実施されているため、それらを活用すると、JGCプレミアも少し手が届きやすくなるでしょう。

ANAでは類似サービスとして、80,000PPが貯まると、ANA SUITE LOUNGE(ファーストクラスラウンジ)に入室できるクーポンが付与されますが、会員資格はプラチナ(JMBサファイアと同等)のままです。

JGCプレミア会員限定の特典

ファーストクラスラウンジが利用できる

国内線・国際線ともにJALファーストクラスラウンジ・JALサクララウンジとJALが提携しているラウンジが利用できます。

サクララウンジももちろん快適ですが、ファーストクラスラウンジはさらに上質な空間で、国内線でも軽食が提供されます。

国際線ファーストクラスラウンジは、より多くのアルコールが提供され、食事もより豪華になっています。

また、JALのラウンジに限らず、ワンワールド加盟会社のエメラルドステータスが対象のラウンジ(多くの場合ファーストクラスラウンジ)が利用可能です。このように他社のファーストクラスラウンジを利用できるプログラムはワンワールドだけです。

マイルの有効期限が撤廃される

JGCプレミア会員以上になると、マイルの有効期限が撤廃されます。その会員資格を維持している限りはマイルの有効期限が発生しないため、搭乗が多いミリオンマイラーにはありがたい特典です。

JGCプレミアが維持できなくなった際は、会員資格が失効したその時から全マイルに最低3年の有効期限が発生します。

ボーナスマイルが非常に多い

JAL便、アメリカン航空便では105%、ブリティッシュ・エアウェイズ便では100%、イベリア航空便では50%のボーナスマイルが積算されます。

JMBサファイア会員が獲得できるボーナスマイルとはそれほど大差ありませんが、JGCプレミアではイベリア航空便を利用時のボーナスマイルが50%から100%に上がります。

JALカードなどのボーナスマイルとは重複しませんが、2倍以上のマイルが獲得できるのは非常に魅力的です。

国内線JGCプレミア・ダイヤモンド専用保安検査場が利用できる

一部の主要空港に設置されているJGCプレミア・ダイヤモンド専用保安検査場が利用できます。

JMBダイヤモンドやJGC会員が利用できるJGCエントランスとの違いは、大きく言うと専用ラウンジに直結しているかしていないかの違いです。

JGCエントランスは、専用の入り口から保安検査場につながっており、会員しか利用することができないため、スムーズに通過できることに変わりはありませんが、保安検査場から出た後は、一般客と同じ場所に出ます。

一方、JGCプレミアが利用できる専用保安検査場は、保安検査場が独立しているだけではなく、そのままファーストクラスラウンジに行くことができます。

国際線でファストセキュリティレーンが利用できる

国際線でも優先保安検査場(ファストセキュリティレーン)が利用できます。国内では成田空港第二ターミナルで搭乗券とJGCプレミアのステータスカードを提示することで、本人と同伴者1名が利用可能です。

さらにJGCプレミアでは、海外のワンワールドエメラルドステータスが利用できるファストセキュリティレーンを利用することが可能です。

預け荷物の許容量が増える

JALおよびワンワールド加盟会社で、預け荷物の無料許容量が増加します。

JAL国内線ではプラス20kg、国際線では32kg以内の荷物をプラス1個預けることができ、ワンワールド加盟会社では、重量制の便ではプラス20kg、個数制の便では最大2個に増え、エコノミークラス搭乗時に適用されます。

JMBサファイアと比べると、ワンワールドでの重量制の便において、プラス15kgから20kgにアップしています。

キャンセル・空席待ちが優先される

予約時のキャンセル待ちや、当日の空港での空席待ちにおいて最も優先的に扱われます。

JAL便では最上位のランクSとして空席待ちが扱われ、どの会員ランクよりも優先的に扱われます。ランクSの会員はほとんどいないため、ほとんどの場合でリクエストが通るでしょう。

当日航空券を購入する方やオープン券を持っている方はもちろん、クラスJやファーストクラスへの当日アップグレードの空席待ちも同様に適用されます。

ワンワールド加盟会社でも最上位のエメラルドステータスとして、優先的にキャンセル・空席待ちが扱われます。

優先搭乗ができる

エコノミークラスでも他の乗客より先に搭乗することができます。

長蛇の列で待たされることもほとんどありませんし、先に搭乗することで、オーバーヘッドビン(上の荷物棚)にいち早く荷物を入れることができるため、少し離れた場所に荷物を入れる必要がなくなります。

JAL国内線では事前改札の次に行われる最初の優先搭乗で、ファーストクラスの乗客、JMBダイヤモンド会員、ワンワールドエメラルドステータスの方々と同じタイミングで乗ることができます。

JGCプレミア会員であればビジネスクラス以上を乗る人がほとんどかもしれませんが、他のビジネスクラス利用者よりも先に搭乗することが可能です。

JAL以外のワンワールド加盟会社でも、ワンワールドエメラルドステータスとして優先搭乗ができるため、基本的には一番最初に搭乗できます。

専用カウンターでのチェックイン

国内線の主要空港では、ファーストクラスチェックインカウンターと、JALグローバルクラブ専用カウンターでのチェックインが可能です。

通常の場合、荷物を預ける際にチェックインカウンターの長い列に並ぶ必要がありますが、これらの専用カウンターは空いていることがほとんどなので、列で待つ必要もなく快適に利用できます。

国際線でも、JALファーストクラスチェックインカウンターの利用が可能になり、ワンワールド加盟の他社便でも、ワンワールドエメラルドが対象のチェックインカウンターであれば、そちらでチェックインが可能です。

サービスセレクションが受けられる

JGCプレミアになると、お好きな優待サービスを選べるサービスセレクションが受けられます。2019年度は以下の特典が選択できました。

  • eJALポイント30,000円分
  • パートナー(配偶者など)に同等資格とフラワーギフトを付与
  • リンベルスマートギフト31,000円分
  • 2,000円分JALクーポン13枚とラウンジクーポン3枚
  • 選べるギフト

JGCプレミア会員の場合は、約30,000円分のサービスを一つ選ぶことができ、JMBダイヤモンド会員は、約60,000円分のサービスになっています。

優先的に預け荷物を受け取れる(JMBサファイアと同等)

JMBエメラルド会員は、チェックインカウンターで荷物を預ける際に優先タグが付けられます。優先タグが付けられることで、預け荷物を受け取る際に最初の方に荷物が出てくるようになるため、スムーズに空港を出ることができます。

国内線、国際線どちらとも適用され、ワンワールド加盟会社でも適用されますが、一部のコードシェア便およびブリティッシュ・エアウェイズ運航便では適用されません。

JMBダイヤモンドとの違い

JMBダイヤモンドになるには、JGCプレミアの80,000FOPよりもさらに多い、100,000FOPが必要となりますが、実は受けられるサービス自体はそれほど大差がありません。

  • JAL・アメリカン航空利用時のボーナスマイルが105%から130%に上がる
  • サービスセレクションの特典が30,000円分から60,000円分に上がる
  • ダイヤモンド特典航空券と交換ができる
  • JALグローバルクラブに入会する必要がない

大きな違いはこれぐらいです。もちろん、JALのサービスを利用する上では、ダイヤモンド会員の方が優遇されることが多いようですが、ラウンジの利用や優先搭乗など、表面的なサービスではJGCプレミアも同じように優遇されます。

JGCプレミアは、JMBダイヤモンドと同様にワンワールドステータスがエメラルドになるため、他社を利用する際も全く同じように扱われます。

JAL上級会員「JGCプレミア」まとめ

JALグローバルクラブに入会することで、最上級会員への道のりが少し短くなります。

80,000FOPを達成するのはなかなか大変で、海外渡航を頻繁にしない限りは難しいぐらいですが、JMBダイヤモンドに比べて必要FOPが20,000も少ない上に、受けられる特典もそれほど変わらず、ワンワールドエメラルドステータスも獲得できるため、JGC会員は最上級会員の敷居が少し低くなるのです。

JGCのサファイア会員資格を半永久的に維持できるような措置は、JGCプレミア以上にはありませんが、ファーストクラスラウンジが利用でき、マイルの有効期限が撤廃されるなど、より優れたサービスを受けることができる点は非常に魅力的です。

頻繁にJALを利用する方や、JGC修行をしてさらに高みを目指したい方は、JGCプレミアを意識してFOPを貯めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました