JALグローバルクラブ(JGC)とは?入会するメリットと加入条件

旅行

JALグローバルクラブ(以下:JGC)は、JALの上級会員(サファイア以上)になった方のみが入会できるサービスで、上級会員資格を半永久的に維持できる制度です。

サファイア会員になると、JGCのインビテーション(招待)が届き、JGCのクレジットカードを発行することで入会することができます。

そのため、サファイア会員になるのに必要なFLY ONポイントや搭乗回数を稼ぐためだけに飛行機に乗ったり、いかに効率よくポイントを稼ぐか研究する人たちも少なくありません。そのようにJGCのためだけに飛行機に乗ることは「JGC修行」と呼ばれています。

JGC会員になるメリット

上級会員資格を維持できる

最大のメリットは、半永久的にJMBサファイア会員同等の資格を維持できる点です。JGC会員のカードを所持している間はサファイアのステータスを維持できるため、毎年年間50回も搭乗したり、50,000FLY ONポイントを稼ぐ必要もありません。

サファイア会員になると、優先チェックイン、優先搭乗、サクララウンジの利用、預け荷物が優先的に受け取れるなどのサービスを受けることができます。

またこの会員資格は、ワンワールドアライアンスに加盟している航空会社でも適用されます。

家族も上級会員に

JGCに加入したら家族カードを発行することで、会員以外の家族も上級会員資格が得られます。

サービスは同伴者にも適用されることがほとんどなので、あまり必要性を感じない方もいるかもしれません。たしかに、サファイア会員になると、ラウンジやチェックインは同伴者1名も利用可能ですが、預け荷物の優先受け取りや優先搭乗は、会員本人のみとなります。また、家族が本会員とは別に旅行へ行く際にも適用されるため、定期的にJALやワンワールドに搭乗するのであれば、発行しておくのが良いでしょう。

JGCプレミア:最上級会員資格も近くなる

ワンワールドのステータスには、ルビー、サファイア、エメラルドの3種類がありますが、通常100,000FOP獲得しなければならないエメラルド(JMBダイヤモンド)の会員資格も、JGC会員であれば80,000FOPでJGCプレミア会員となり、エメラルドの会員資格が得られます。

JAL内での最上級会員資格はJMBダイヤモンドになりますが、JGCプレミアとのサービスの差はそれほどありません。ワンワールドのエメラルドステータスとなるため、JALだけではなくワンワールドの他社便でもファーストクラスラウンジが使えるようになります。

また、マイルの有効期限も会員期間中は撤廃される点も魅力的です。

JGCに入会するには

JMBサファイア会員になる

まずは、JMBサファイア会員になる必要があります。1月1日から12月31日の間に50,000 FLY ONポイント(内、JAL便を25,000以上)を貯めなければなりません。FLY ONポイント(FOP)についてはこちらで詳しく解説しています。(FOPのリンク)もしくは、年間50回のフライト(内、JAL便を25回かつ15,000 FOP)でもサファイア会員になれます。

サファイア会員の資格を獲得したら、サファイア会員になった翌々年3月末までにJALグローバルクラブに申し込みをしなければなりません。招待状が送られてくるので、そこから申し込みを行います。後述しますが、JAL CLUB EST会員は、JGC加入と同時にCLUB ESTは自動退会となってしまうので、JGCプレミアを狙ったり、家族カードを発行しない限りは、申込期限ギリギリまで待つことをおすすめします。

CLUB-A以上のカードを発行

JGC入会にはCLUB-A以上のカードを発行する必要があります。普通カードの場合、JGCの招待が来てからCLUB-Aに申し込むのでも問題ありませんが、利用状況などによってはカードの申し込みを拒否されてしまう可能性もあります。

JGCを目指す前に、CLUB-Aカードを発行しておいたほうが安心でしょう。

JGCの注意点

年会費は最低でも10,800円

JGCに入会するには、CLUB-Aカード以上のJALカードを発行しなければならないため、最低でも10,800円が発生します。

毎年たったの1万円で上級会員資格を維持できると考えれば非常に安いですが、カードの年会費にあまりお金をかけたくない人には少し懸念材料かもしれません。

家族カードの年会費が高い

家族カードを発行することで、発行した家族も同様にJGC会員となり上級会員資格が得られますが、家族カードの料金は一気に跳ね上がります。

通常、CLUB-Aカードの家族カードは年会費が3,780円なのに対し、JGCになると本会員と同じ10,800円になります。

会員の家族も上級会員資格を得られると考えれば安い年会費かもしれませんが、申込みの際はご注意ください。

JAL CLUB EST / JALカード naviの資格はなくなる

20代のJAL CLUB EST会員は、JGCに入会と同時にCLUB ESTの会員資格は失効します。

JGCの上級会員資格が維持される点はもちろん魅力的ですが、CLUB ESTもマイルの有効期限が5年になる大きな特典があるため、可能であれば申込期限ギリギリまでJGCの申込みは避けたほうが良いでしょう。

少ないとは思いますが、学生専用のJALカードnaviも同様に、navi会員資格は失効します。ただし、学生の場合はCLUB-Aカード以上を発行できる可能性が低くなるため、学生の間はJGCの修行をしないほうが良いかもしれません。

JGCプレミアは翌々年の3月末まで有効

JGCサファイアからさらに30,000FOPを貯めてJGCプレミア会員になることも可能ですが、上級会員資格が半永久的に維持されるのは、サファイアのみになっています。

JGCプレミアやJGCダイヤモンドになっても、資格が維持できるのは翌々年の3月末までです。失効したら、ワンワールドステータスはエメラルドからサファイアになります。

JALグローバルクラブ(JGC)まとめ

年間上級会員資格を維持できる制度は非常に魅力的です。最低でも年間約1万円の維持費が発生しますが、上級会員になることはそれ以上の価値があると言えます。

優先チェックインカウンターや、預け荷物の優先受け取り、ラウンジの利用、優先搭乗など、飛行機を利用する人にとっては非常に魅力的なサービスを受けることができますし、インボラアップグレードの対象になりやすくなります。

かかる費用を最小限に抑えて上級会員を目指したい方は、効率的にFOPを貯める方法もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました