JALカードを作るならJCB、VISA、Mastercard どれがおすすめ?

JAL飛行機 旅行

[最も実用的なのはVISAとMastercard、JCBとアメックスはほぼ同等]

JALカードで発行できる国際ブランドはすべてで5つです。お店によって利用できる国際ブランドが異なります。

クレジットカードは、VISAやJCBなどの国際ブランドのシステムを利用する必要があり、お店の契約状況によっては一部のブランドが対応していないこともあります。特に、海外では一部の国際ブランドが全く使えない場合もあるので、国際ブランド選びは慎重に行いましょう。

本記事では、それぞれの国際ブランドの特徴について紹介していきます。

JCB

VISAやMastercard、AMEX、そしてダイナースはすべてアメリカの企業ですが、JCBは日本の国際ブランドです。

日本でクレジットカードに対応しているお店の多くはJCBが利用できますが、お店の負担する手数料が他社に比べて少し高いことから、一部では利用できないお店もあります。

ほとんどの大手のネットショップやサービスでもJCBは利用できますが、海外資本のサイトでは利用できないこともあります。

JCBブランドの一番ネックな点は、海外での利用です。海外渡航時はJCBの他にVISAやMasterのカードを持っていくのが良いでしょう。

アメリカでは、北米で展開している国際ブランドDISCOVERと提携しているため、多くのお店でJCBを使えることができますが、店員によっては門前払いされてしまうことがあります。その場合はとりあえず通してみてほしいなど伝えれば大抵通りますが、面倒くさがって聞く耳を持たない店員に会った場合は大人しく他のカードを出しましょう。なお、カナダもDISCOVERが使えますが、JCBとの提携は行っていないようです。

ヨーロッパはVISA/Masterが強く、主要観光地では利用できる場合がありますが、JCBはほぼ使えないと考えた方が良いです。

アジア圏では、JCBがカードを発行している地域もあるため、比較的使える場所は多くあります。特に、韓国や台湾ではカードが使える場所ではJCBを利用できることが多いようです。

ただし中国は、銀聯カードと呼ばれる独自のカードシステムが存在しており、JCBどころかVISA/Masterすら使えない場所が多くあります。クレジットカード対応している場所ではJCBを利用できることが多かった印象です。

使える場所だけを考えると、JCBを選ぶメリットは正直あまりないのですが、ディズニーランドチケットの抽選など、独自のキャンペーンが充実していることが挙げられます。また、情勢や国によっても異なりますが、海外利用時のレートが良いのはJCBだとも言われています。

VISA / Mastercard

[世界中で最も使える場所が多い、海外旅行には必須]

世界中で最も使われている二大国際ブランドです。同じ会社ではないのですが、VISAが使える場所では大抵Mastercardが使えます。その逆も同様です。

唯一、日本のコストコはMastercardだけが使えるようになっています。

VISA / Mastercardは日本国内でもJCBより使える場所が多く、海外でもクレジットカードが使える=VISA / Mastercardが使えると考えて差し支えありません。

ヨーロッパではMastercardが強いと言われていますが、実際に生活してみるとどちらもそれほど変わらないように感じました。

使える場所は世界的にもそれほど大きく変わらないので、どちらを選んでも問題ないと言えます。

American Express (AMEX)

[ステータスは高いが、国内外で少し使いづらいところも]

日本ではJCBとの提携のおかげもあり、ほとんどのお店で利用することができます。体感的にはJCBとそれほど変わりありません。

「AMEXを持っているとステータス」と言われていた時代もありましたが、様々なカード会社から発行され、プロパーカードも多くの人が持つようになったことから、それはもう過去の話です。

ヨーロッパではVISA/Masterに劣りますが、JCBよりも少し使いやすい程度です。イギリスに関しては大抵の場所でAMEXが利用できます。

Americanという名前を冠しているため、アメリカではどこでも使えるという印象を持たれがちですが、実はアメリカでもVISA/Masterが強く、AMEXが使えない場合がたまにあります。店側の手数料負担が少し大きいことから、小規模店舗ではあまり歓迎されないようです。それでも、日本でいうJCBと同じぐらいの感覚なので、それほど不便することはないでしょう。

アジア圏では、JCBよりも使える場所が少ないため、あまり期待しないほうが良いです。

JCB同様にAMEXを持つ理由があるのか、というところに行き着くと思いますが、年会費が少し高めに設定されている分、補償や海外旅行保険、各種サービスが充実しているカードが多くあるのが特徴です。サービス内容は発行会社によって異なります。

ダイナース

[国内ではJCB加盟店で利用可能な富裕層向けのカード]

富裕層向けのブランドで、入会資格は比較的厳しいと言われています。日本では、三井住友トラストクラブが発行、管理を行っており、AMEXやJCBのような提携は行っていません。

年会費も高く入会資格が厳しいことからステータスカードと言われていますが、知名度が低すぎるため見せびらかしてもあまり意味がありません。

日本では見慣れないブランドですが、AMEX同様にJCBと提携しているため、JCBが使えるお店のほとんどではダイナースを使えるようになっています。

海外では、JCBやAMEXよりも使い勝手が悪く、ヨーロッパやアジア圏では使えないことが多いようです。DISCOVERの傘下になっているため、北米などのDISCOVERを取り扱っているお店で決済ができます。

JALカードの国際ブランド まとめ

  • VISA/Mastercardは国内外で不便なく利用できる
  • 日本国内ではJCB、AMEXでもそれほど問題はない
  • JCBはアジア圏とアメリカ以外では使えないことが多い
  • AMEXはアメリカ、イギリスでは強いが、それでもVISA/Mastercardには及ばない

国内ではそれほど大差はなく、VISA/Mastercardの方が使えるお店が少し多い程度で、JCBやAMEXでもそれほど不便なく利用することができます。

一方、海外になると地域によって大きく異なります。VISAが強いことに変わりはないのですが、JCBはアジア圏とアメリカ以外ではほとんど使い物になりません。AMEXも海外に強いイメージを持たれがちですが、アジア圏ではJCBよりも弱く、イギリスを除くヨーロッパでも使えるお店はそれほど多くありません。

VISA/Mastercardしか選択肢がないようにも思えてしまいますが、JCBはキャンペーンの多さ、日本企業という安心感、AMEXは充実したサービスと手厚い補償という特徴もあるので、いろいろ検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました