JAL「どこかにマイル」の申込み方法、注意点

旅行

「行き先は決めてないけど、どこか行ったことがない場所へ旅行に行きたい」と思ったことはありませんか?

JALには「どこかにマイル」と呼ばれる、ランダムで選ばれた行き先への往復航空券を発行してくれるユニークなサービスがあります。

JALマイルを交換して発券することができ、国内旅行好きにはぜひおすすめしたいサービスなので、詳しく紹介していきます。

「どこかにマイル」の特徴

たった6,000マイルで交換ができる

通常、国内線の往復特典航空券は12,000~15,000マイルで交換可能ですが、どこかにマイルの航空券は往復6,000マイルで交換可能です。

JALカード会員は必要マイル数が割引されるなどの特典を受けられますが、ここまで割り引かれることはないため、最も少ないマイルで特典航空券と交換できる手段だと言えます。

行き先が分からないのはデメリットとも言えますが、事前に4ヶ所の候補が表示されるため、行きたくなかった場所に行くこともほとんどないでしょうし、むしろ今までノーマークだった場所に行けるという良いきっかけになるかもしれません。

行ったことがない新たな場所に行ける(かもしれない)

行き先はランダムで選ばれるため、人気観光地に行ける場合もあれば、今までノーマークだった場所に当たることも。

なかなか機会がないと行かないような場所に行くのも、新たな発見があって面白いかもしれません。

申込時に行き先が確定しないだけで、日付や時間帯、出発空港をあらかじめ決めた上で予約でき、自身の予定にあわせて旅行することができます。3日後には行き先が確定するので、宿やレンタカーの予約にはそれほど困らないでしょう。

どこかにマイルの申込み方法

どこかにマイルの申込みは、こちらからできます。JALマイレージバンクにログインをする必要があります。

出発日の選択は、申込日の1週間後から1ヶ月の間で選べます。時間帯も選ぶことができるので、前後に予定が入っている方も安心です。

検索すると、候補が4つ出てきます。もし、いずれも魅力を感じなかったり、あまり行きたくない場所が候補にあがった場合は、リロードをするかページ下にある再検索を押すことで、新たな候補が出てきます。

行き先候補や、日時の確認画面が表示されたら、会員情報を入れます。これで申し込みが完了すると約3日ほどで行き先確定のメールが届きます。

どこかにマイルの注意点

同伴者(友人・恋人)も6,000マイル引き落とされる

どこかにマイルは、同伴者を設定することができ同じ目的地で発券することができますが、同伴者も6,000マイルを持っている必要があります。

例外として、会員本人の配偶者と二親等内の親族、義兄弟姉妹の配偶者までであれば、会員本人のマイルで引き落としができます。この場合は、マイルが引き落としされる会員本人が搭乗しなくても問題ありません。

友人や恋人との旅行の際は、それぞれが6,000マイルを引落される形になります。ただし、同居している婚約者、事実婚や同性パートナーの場合は同居などの証明書を提出すれば、配偶者として適用されることがあるので、JALのサポートデスクに問い合わせてみてください。

払い戻し、変更ができない

通常の特典航空券は、日付の変更が可能で、キャンセルして手数料を払えばマイルの払い戻しができます。しかしどこかにマイルで発券された航空券は、マイルの払い戻しも日付の変更もできません。キャンセルした場合は、6,000マイルが水の泡になってしまいます。

ランダムで行き先が決まるというシステムの性質上、キャンセルが多発する可能性があるため、必要マイル数を抑える代わりにこのような制約を設けているのだと思われます。

日付と時間帯は指定できるので、予定が確実に入らないであろう時期に予約することをおすすめします。

出発空港は羽田と伊丹・関西だけ

システムの性質上、国内に多くの路線を抱えている大きな空港でしか成立しないため、出発空港は羽田と伊丹・関西に限られてしまいます。出発空港まで行くのに必要な運賃は別途発生してしまうので、東京・大阪近辺に住んでいる方以外にはあまりおすすめできないのが正直なところです。

予約は普通席のみ

どこかにマイルでは、クラスJやファーストクラスの座席を予約することはできません。

ただし、空港でチェックイン時に上位シートの空きがあれば、有料でアップグレードできます。アップグレード料金は通常同様にクラスJが1,000円、ファーストクラスが8,000円です。同伴者がいる場合は、全員でアップグレードしても席が離れる可能性が高いのでご注意ください。

どこかにマイル まとめ

行き先がランダムに選ばれるユニークなサービスは、今のところJALだけが提供しています。

通常の約半分のマイルで航空券と交換でき、自分が普段行かないような場所へと運んでくれるサービスは、旅行好きには魅力的に映ることでしょう。

どうしても、馴染みのない場所にはなかなか足が向きませんが、どこかにマイルでは全く知らない場所まで、新たな発見や出会いがあるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました