自然塗料の取扱の注意点とその塗り方~家具・テーブル・外装・内装

一般的に自然塗料と呼ばれるものは、安全性の高い塗料で取扱も比較的容易ですが、注意しなければいけない点もいくつかあります。

自然塗料だからと安心していると思わぬ事故になる場合もありますので、取扱には注意が必要です。ここでは自然塗料の取扱の注意点と、家具・テーブル・外装・内装など物に応じたその塗り方などをまとめています。




自然塗料の自然発火

自然塗料に多く使われている、植物性のオイルは自然発火する場合があります。

このことは、自然塗料を扱う上でもっとも注意しなければならないことで、塗料の容器などにも書いてありますのでよく読んで必ず守ってください。

なぜ自然発火するのか、簡単に説明しますと、オイルの成分と空気中の酸素が結合するとき、酸化熱が発生します。この熱が空気中に放出されれば、自然発火するほどの温度にはなりません。ところが、オイルの染込んだ布を大量に重ねたり、丸めた状態でバケツなど風通しの悪い所へ置いておくと熱が内部にこもってしまい温度が上昇し、自然発火となるのです。

容器に入れてあるオイルや、塗装した面から自然発火することはありません。問題なのは塗装に使った布などです。

作業中はオイルの染込んだ布を丸めたまま放置してはいけません。必ず広げた状態にしておいてください。作業終了後は、広げて十分に乾燥してから廃棄してください。できれば、洗剤で洗って乾燥してから廃棄すると安心です。

実は、私はこの自然発火を経験したことがあります。随分前ですが、チークオイル(亜麻仁油をベースにしたオイル)を使って塗装をしていたことがありました。ある日の夕方作業が終わり、オイルの染込んだ布を金属のバケツに入れ、その場を離れました。しばらくすると、変な臭いがしてきたので、あわてて行ってみるとバケツからは大量の煙が発生し、発火する直前でした。すぐに気づいた事、また、野外でしたので大事には至りませんでしたが、これが屋内で誰もいない時に起こったら大変な事態になるところでした。

自然塗料の安全性の過信

自然塗料は「安全」だと過信されているかたは思いと思います。確かに、化学塗料と比べれば安全性は高いと思いますが、作業中は気をつけないといけない点もあります。

一般に自然塗料と呼ばれているものでも、100パーセント自然の素材を使っているとは限りません。

例えば、乾燥促進の目的で、石油系の溶剤や重金属酸化物をまぜているものもあります。また、化学物質ではありませんがエタノール(エチルアルコール)を溶剤として使用している塗料もあります。

乾燥してしまえば問題ありませんが、室内で塗装した場合、乾燥途中でエタノールが部屋に拡散されることになるので注意が必要です。また、このような溶剤を使用した塗料は、作業中に蒸発した溶剤を吸引する可能性がありますので換気をよくしたり、マスクをするなどの対処が必要です。

このように、自然塗料だから安全と思うのは間違いで、作業中や塗料が完全に乾くまでは、換気をよくするなどの注意が必要です。

自然塗料の塗り方

オイルフィニッシュという言葉を聞いたことがあると思います。

オイルフィニッシュは、名前のとおりオイル仕上げということになりますが、そのやり方はいろいろあり、必ずこうしなければいけないというものではありません。例えばオイルを刷毛で塗るだけでもオイルフィニッシュと言えます。

しかし、これだけでは綺麗な仕上がりにはなりません。外壁などはこれでも良いかもしれませんが、家具などはもっと手間を掛ける必要があります。手間を掛ければそれだけ綺麗な仕上がりになるのは言うまでもありません。

どの方法がいいかは一概に言えませんが、オイルフィニッシュの場合、他の塗装と違いやり直しが簡単です。塗装の方法によってはやり直す場合は、一旦前の塗料を剥がさなければならないこともありますが、オイルフィニシュの場合はその必要はありませんので気楽に挑戦してみてください。

ただし、オイルの種類によっては塗りすぎると乾燥しにくくなり、いつまでもベトベトした状態になるものもありますので、それぞれのオイルの注意書きをよく読んでから使用してください。

前置きが長くなりましたが、実際に自然塗料の塗り方を紹介します。ここで紹介するのは例であって、「必ずこのとおりにしなくてはいけない」というものではありません。途中の工程を抜いたり、逆に何度か繰り返したりする場合もあります。

ただ、一般的には手間をかけた方がより綺麗に仕上がります。なお、ここで紹介する方法は荏油や桐油などを主成分とするオイルを対象としています。塗料によってはここに紹介している方法では不具合が発生する場合もありますので、塗料の説明をよく読んでそれに従ってください。また、メーカーによっては同じオイルでも用途別に用意している場合もありますので、塗装するものに適したオイルを準備してください。

塗装の前処理

塗装の前にしておかなければならない事があります。塗るものがどんなものでも必要な事ですので必ずやってください。

  1. 塗る面が汚れている場合は、汚れを落としてください。
  2. 塗る面は乾いた状態にしておいてください。
  3. 塗る面のゴミやほこりはきれいに取り除いてください。
  4. 塗る面は240番程度のサンドペーパーで研磨しておくと仕上がりが綺麗です。

テーブル天板の塗装

  1. ウエスにオイルを少量つけて摺り込むように塗ります。
    オイルが多すぎると乾燥が極端に遅くなるので出来るだけ薄く塗る方が良いのですが、あまり少ないとムラになりますので様子を見ながら調整してください。(刷毛塗りだとオイルが多すぎて乾燥が極端に遅くなります)
  2. 全体を塗ったら浮いている余分なオイルを拭き取ります。
  3. 10分~30分ほどそのまま放置します。
  4. 耐水サンドペーパー(400~600番)を木片やペーパーブロックに巻き、全体を均一に磨きます。
    この時、常にサンドペーパーが濡れている状態で磨いてください。もし、途中で乾くようならサンドペーパーに少量のオイルを付けて磨いてください(この作業を「油研ぎ」と言います)。なぜこのような作業をするかというと、乾いた木にオイルを塗ると木の繊維が浮いて毛羽立った状態になります。油研ぎをする事により、毛羽立った繊維を削り落として滑らかにし、さらにオイルと木の粉が混ざったものが木の繊維の間に入ることにより、表面がより滑らかになる効果があります。油研ぎをする前と後で触ってみればその違いがはっきりとわかります。テーブルなど広い面を油研ぎする場合は大変ですが、急いでやる必要はありませんのでゆっくり丁寧に磨いてください。
  5. 全体を油研ぎしたら、ウエスで研ぎかすをしっかりと拭き取ってください。
  6. そのまま1日放置し、乾燥します。
    染込んだオイルが噴出すようなら随時拭き取ってください。
  7. ウエスにオイルを付けて、薄く伸ばすように全体に塗ります。
  8. 数日放置して表面が完全に乾燥したら、乾いたウエスで乾拭きをして完成です。
  9. さらに艶を出したり、表面を保護したい場合は、蜜蝋ワックスなどを塗ります。

簡単に済ませたい場合は上記工程の3以降を省略してもかまいません。つまり、オイルを塗って乾燥するだけということです。しかし、これだけだと乾燥後、表面がざらついた感じになりますので、テーブルの天板などには不向きです。(ガーデンテーブルなどならあまり気にならないかもしれませんが)。従って、テーブルや家具などの場合はできるだけ「8」までの工程をお奨めします。

家具の塗装

家具の塗装も基本はテーブル天板と同じですが、裏側など普段手で触れない部分や見えない部分は、オイルを塗って拭き取るだけでも十分だと思います。

もちろん全体を油研ぎするのは自由です。

玩具の塗装

玩具も基本はテーブル天板と同じです。油研ぎをすると、とても肌触りがよくなります。もっと簡単に仕上たい場合は、オイルではなくワックスで仕上る方法もあります。蜜蝋ワックスなどを布に付けて摺りこむように塗ります。ワックスはオイルのように濡れ色にならないので、木の色はほとんど変りません。手触りもよく、汚れ防止の効果もあります。

外周りの塗装

外壁など外周りの塗装は、見た目も大切ですが、風雨や紫外線から木材を守るのが主な目的となりますので、防腐や防カビなどにのある塗料を選ぶ必要があります。各メーカーから外部用の塗料が販売されていますのでそれを選んでください。着色したい場合は、着色剤が入ったものもあります。

塗り方は、刷毛で一度または二度塗るのが一般的です。外壁などは塗るだけで拭き取る必要はありませんが、ウッドデッキなど歩いたり手で触れる部分はウエスで十分に拭き取っておく必要があります。拭き取りが不十分だと、乾燥が遅くなったり塗料によってはいつまでもベタついてしまいます。

また、手摺やパーゴラなど刷毛では塗りにくい部分はウエスにオイルを染込ませて拭く様にすると簡単です。

内壁の塗装

内壁の場合は、刷毛塗り後乾いたウエスで拭き取れば十分です。

床の塗装

床の塗装は、普通のオイルでも可能ですが、床用のオイルや蜜蝋ワックスなどを使った方が耐久性の面などから良いようです。

注意

最初にも書きましたが、塗料によっては塗り方が違うものもあります。必ず塗料の説明書をよく読んでから作業をしてください。メーカーや販売店によってはサイトで塗り方を説明している場合もありますので参考にしてください。また、自然塗料の取扱のページをよく読んで事故のないように作業してください。

メンテナンス

オイルで塗装した場合、他の塗料のように表面に塗幕を作りませんので多少のメンテナンスが必要です。半年に一度くらい、少量のオイルを染込ませたウエスで拭き、その後乾いたウエスで乾拭きしてください。いつまでもいい状態に保つ事ができます。

なお、普段の手入は乾拭きが基本です。汚れた場合は、水拭きし十分に乾燥した後、オイルを薄く摺りこむように塗り、乾拭きしてください。

関連記事:自然塗料とは~種類とその原料のまとめ