自分のウンチを食べちゃった!?ポメラニアンの食糞対策とは

あなたの大事なポメラニアンが自分のウンチを食べてしまう「食糞」の現場を見ても決して叱ったり、驚いて大きな声を出すようなことをしないで下さい。人間にとってみれば驚きの行動ですし、衝撃を受ける飼い主さんも少なくありませんが、ワンちゃんにしてみればそう珍しいものではありません。ウンチを食べてしまったらどうすればいいのか、一緒に見ていきましょう。




食糞にメリットはない

自分のウンチを食べてしまう「食糞」。この食糞行動にメリットはないということをまずお伝えしておきます。習慣になってしまっているようでしたらやめさせることが賢明でしょう。ウンチを食べるという行為自体が不衛生ですし、何の栄養にもなりません。またウンチが歯や歯茎に付着することで口臭の原因にもなってしまいます。

ただ自分のウンチを食べてしまう分には、自分が排出したものが自分の体内に戻るということで、健康に大きな問題を与えることはないということを頭に入れておいてもらいたいと思います。何が言いたいかというと焦る必要はないということです。「今すぐにでもやめさせたい!」という気持ちはとてもよくわかりますが、じっくり原因を探り、対策を講じていくことが賢明です。

やめさせるにはどうしたらいい?主な原因とその対策

一概に「ウンチを食べる」といっても、その理由・原因は様々です。まずは「なぜ?」を理解し、それぞれに合った適切な対策を講じることが重要です。ここでは食糞行動の主な原因とその対策について紹介していきます。

食事が原因で食べる

普段の食事に何らかの原因があり食糞行動を引き起こしているかもしれません。ウンチを一つの「食べ物」として認識してしまっている恐れがあります。

対策

フードの量を見直してみる

フードの量は適切でしょうか?多すぎていないか、足りていないのではないか、ぜひ今一度確認をしてみてください。フードの量が少ないと小腹がすいた状態が続き、空腹をごまかすためにウンチを食べてしまうことがあります。また量が多い場合は消化しきれずに、未消化のフードがウンチに混ざって排出されてしまいます。つまりウンチがおいしそうなフードのにおいを放つことになるのです。特に仔犬の成長は著しく体重の変化も大きいため、それに伴い食事の量も変化します。特に注意が必要です。

フードを変えてみる

一概に「犬」と言ってもそこには犬種の差、また個体それぞれの差が存在します。そのためフードとの相性というのも存在するというわけです。ワンちゃんの体質とフードとの相性が悪いため消化不良を起こすということも少なくありません。「量は適切なのに…」というかたは思い切ってフードを色々と変えてみて、ワンちゃんに合ったフードを探してみるというのも一つの方法です。

消化器系に異常がないか?動物病院での診察も

健康面の問題から消化不良を起こし、未消化のフードがウンチに残っているケースもあります。お腹を下していないか、食欲はいつも通りか、健康面でワンちゃんに何か普段とは違う点があれば動物病院での診察も検討してみてください。

寂しさやストレスが原因で食べる

寂しさやストレスを紛らわすために食糞行動に走ってしまう場合があります。留守番時など、一人で過ごしているときにウンチを食べてしまうといった場合はこれが原因の可能性が高いです。寂しさ・ストレスの原因になっているものはないか、環境を見直してみましょう。

対策

運動量を見直してみる

ワンちゃんにとって運動不足はストレスが溜まる大きな要因の一つです。ポメラニアンの場合、「小型犬だし…」といった飼い主の勝手な思い込みにより運動不足になりがちです。散歩の時間、遊ぶ時間を見直してみて運動量が適切か見直してみましょう。

退屈しない環境づくり

暇を持て余し、寂しさや退屈さからウンチを食べてしまうこともあります。留守番をさせている時にもお気に入りのおもちゃを与えてみたり、サークルを開放し移動できる範囲を広げたり、退屈させないような環境づくりをしてあげてみてください。

隠したくて食べる

トイレトレーニングの際、トイレを失敗したときにひどく怒られた経験があるなど、トイレをすることに何かトラウマを持ってしまうと、「ウンチをすること=悪いこと」として認識されている恐れがあります。そのため「ウンチをした」という事実を隠そうとして食糞行動につながってしまうのです。

対策

怒らない・騒がない

飼い主さんにとってみると「コラ!」と言いたくなる気持ちもよくわかります。ただそこは一つ我慢。ウンチを食べてしまったからといって怒ったり、騒いだりしてはいけません。そうした行動によって余計に「怒られるから隠さないと」という心理が働いてしまうことになります。

ウンチができたらとにかく褒めてあげる

ウンチをすることは悪いことじゃない、いいことがあるんだと認識させることが重要です。ウンチができたらとにかく褒めてあげ、ウンチはすぐに片づけましょう。食べるスキを与えずに片づけを行い、たっぷりと褒めてあげる。これを繰り返し行うことで、次第にワンちゃんの認識も変わっていきます。

シロップやふりかけは最後の手段

フードにかけることでウンチが不味くなるといったシロップや、ウンチに直接かけることで辛み成分や苦み成分を足すふりかけも存在します。ですがこれらは、様々な原因を探ったがどうしても食糞行動が治らない時、つまり最後の手段として使用することをおすすめします。

ウンチを食べることには必ず何かしらの原因が存在しています。飼い主さんの役目はその原因を取り除いてあげた上で食糞をやめさせてあげること。ただウンチを食べなくさせればいいというわけではないと私は考えます。

何が原因でウンチを食べてしまっているのか、ワンチャンをよく観察し見極めてあげることが飼い主の使命です。ただ、繰り返しにはなりますが焦りは禁物。じっくりワンちゃんの食糞行動と向き合っていきましょう。