ポメラニアンの抜け毛対策とお手入れ方法




ポメラニアンは特に毛の抜けやすい犬種です。ただ抜けることには問題ありません。ところがそのまま放っておき、お家が抜け毛だらけになるのはたまったもんではありません。しっかりお手入れをしてあげ、うまく抜け毛と向き合っていくことがポイントです。




ポメラニアンは毛の抜けやすい犬種

ポメラニアンの魅力といえば、なんといってもふわふわフサフサの被毛。ところがその分抜け毛が多く、たくさんの飼い主さんの悩みであるのも事実です。

「抱っこしただけで毛が服について大変。」
「ブラッシングしただけでこぶし一つ分の毛が…。こんなに抜けて大丈夫?」

こんな声をよく耳にします。しかしそれはポメラニアンの毛の特徴からして仕方がないということを頭に入れておいてもらいたいです。まずはポメラニアンの毛の特徴を理解しましょう。

ダブルコート

ポメラニアンの被毛はダブルコートと呼ばれる分類になります。太くしっかりとした剛毛で、水をはじいたり、紫外線や直射日光から地肌を守るオーバーコートと呼ばれる上毛。そして、細くやわらかい毛で、保温・保湿の役割を果たすダウンコートと呼ばれる下毛の二層構造からなります。

ダブルコートをもつ犬種は季節に合わせダウンコートが生え変わり、この毛を増減させることで体温の調節を図ります

春と秋は特に抜け毛が多い

特に季節の変わり目は抜け毛が多くなるのは想像にたやすいでしょう。暖かくなりダウンコートがいらなくなる春、これから寒くなりダウンコートが必要になる秋。この時期は換毛期と呼ばれ、特に抜け毛が多くなるというわけです。

また換毛期ではなくても犬は毛周期と呼ばれる一定の周期で毛が生え変わっています。プードルのようにクリクリしっかりとした毛ではなく、ふわふわフサフサの比較的細い毛をもつポメラニアンはこういった換毛期以外の日頃の生え変わりも激しいことも理解しておいていただきたいと思います。

【抜け毛対策】日々のお手入れを欠かさずに

抜け毛というのはポメラニアンの毛の性質上避けられない生理現象の一つであることは理解いただけたでしょうか?つまり根本的に“抜け毛をなくすこと”はできないということです。しっかりお手入れをしてあげ、うまく抜け毛と向き合っていきましょう。

こまめなブラッシング

抜け落ちる前に取ってあげる。これが抜け毛対策の一番のポイントになります。毎日欠かさず、こまめにブラッシングを行いましょう。

また抜け毛対策という面だけではなく、ブラッシングにより皮膚に適度な刺激を与えてあげることで、しっかりとした脱毛、そして新しいきれいな毛への生え変わりにつながります。

ブラッシングを怠ると抜け毛が絡まり毛玉になってしまいます。絡まって毛玉になってしまうことでしっかりとケアが行き届かなくなってしまうとともに、通気性が悪くなってしまうのでノミやダニ、臭いや皮膚病などの原因にもなってしまいますので注意が必要です。

ふわふわで清潔なポメラニアンを保つためにもこまめなブラッシングは効果大です。

頻度としては一日一回はマスト。特に換毛期にはそれでも抜け毛が多いと感じることがあると思います。その場合は一日に数回ブラッシングをしてあげるといいでしょう。

よく「家の中が毛だらけになるから」といった理由でベランダなど外に出てブラッシングをする飼い主さんがいますがこれはマナー違反ですので絶対にやめてください。道を歩いていたら何ともわからない毛が飛んで来たらどう思いますか?不快に思うのが当然でしょう。注意してください。

服を着させる

服を着させてあげることで抜け毛が巻き散るのを最小限に抑えることができます。

最近ではワンちゃん用のかわいい服がたくさん販売されています。おしゃれの一環として着させてあげるのもいいですね。

ところが当然のことながら服の下で毛は抜けていますのでこまめなブラッシングは必須。抜け毛が巻き散っていない分毛玉ができやすくなってしまいます。また通気性が悪く蒸れやすくなりますし、肌が外気に触れていないので体温調節が難しくなってしまいます

ですので抜け毛対策のため、家の中でも外出するときでもなりふり構わず常に服を着させることはあまりおすすめしません。

「最近換毛期で抜け毛が特に多い。外出時は服を着させて、毛が巻き散って迷惑をかけないようにしよう。」
「車でお出かけ。車のシートに毛がついたら掃除が大変だから今日は服を着させよう。」

このように“常に”ではなく“限定的に”用いるのが効果的です。

不自然な抜け毛は病気のサインかも

ポメラニアンは毛の抜けやすい犬種であり、抜け毛に対してそこまで敏感になる必要がないのは確かです。ですが明らかに不自然な抜け毛は病気のサインかもしれません。

  • 部分的な抜け毛がひどい
  • 地肌が見えるほどに毛が抜けてしまっている
  • 円形ハゲになってしまった

こういった症状が見られたらなるべく早く動物病院を受診することをおすすめします。

日々のお手入れを怠っているとこういった異変にすら気付いてあげれないかもしれません。ポメラニアンと抜け毛というのは切っても切れないもの。抜け毛を根本的になくすことはできません。日々のお手入れを怠らず、抜け毛とうまく向き合っていくことが大切です。