正しいブラッシング方法でポメラニアンをフサフサに!




ポメラニアンのふわふわフサフサの被毛を保ち、また病気や健康状態をチェックするためにもブラッシングはとても重要な役割を持ちます。そのためにはポメラニアンにあった道具を選び、きちんとお手入れしてあげることがポイント。ではブラッシングの方法を一緒に見ていきましょう。




 ブラッシングの準備

何を行うにもまずは準備から。ブラッシングをするために必要なものを見ていきましょう。

ポメラニアンにあったブラシを選ぶ

犬のブラッシングに用いられるブラシには様々な種類がありますが、その犬種の毛質にあったブラシを選ぶことがポイントです。ここではポメラニアンにあったブラシを紹介します。

スリッカーブラシ

先が”くの字”に曲がったピンが多数密集しているブラシです。抜けたまま体に付着している毛を取り除いたり、毛の絡まりや毛玉をほぐしたりするのに適しており、抜け毛の多いポメラニアンにはぴったりです。

実際に見て、触っていただくとよくわかると思いますがこのピンは先端が鋭利です。誤って力を入れすぎてブラッシングをしてしまうとワンちゃんの肌を傷つけてしまうなんてことも。力加減には十分注意が必要です。

そしてこのスリッカーブラシ、多くは“ソフトタイプ”と“ハードタイプ”の2種類に分類されます。プロのトリマーさんとは違い、素人である我々飼い主にとってはソフトタイプを使用することをおすすめします。

ソフトタイプはハードタイプに比べてクッション性があり、力加減を誤ったとしてもブラシ自体がその力を弱めてくれるため、素人でも使いやすいという利点があります。

プロのトリマーさんなどは、ハードタイプの方が素早くブラッシングができるためそちらを使用していますが、それはプロのなせる業。その分取り扱いが難しいので、飼い主さんがお家でブラッシングを行うにはソフトタイプで十分というわけです。

コーム

コームはまっすぐのピンが均一に並んでいるもの、いわゆる“くし”と呼ばれるものです。ブラッシングの仕上げに毛並みを整えたり、スリッカーブラシではブラッシングしにくい顔周りのお手入れの際に使用します。

コームの真ん中で“ピンの隙間が広く荒いもの”と“ピンの隙間が狭く細かいもの”の2種類に分かれているものが多いのですが、こういったものを選ぶとGoodです。それを一本持っているだけで、毛の状況に応じて使い分けることができます。

 ブラッシングの方法

手順

むやみやたらにブラッシングをするのではなく、きちんとした手順でお手入れすることが大切です。

  1. スリッカーブラシで抜け毛やほつれを取り除く

    まずは抜け毛やほつれを取り除くため、スリッカーブラシを使い毛並みに沿って体全体をブラッシングしていきます。

    ここでしっかりと毛の根元までブラッシングをしてあげることが重要になります。きちんとブラッシングをしている“つもり”になっているだけで毛の奥までお手入れが行き届いていないなんてこともしばしば。一回でいきなり毛の根元にブラシを通そうとするのではなく、毛先の数センチから始め、何回かに分けて徐々に根元に近づくとGoodです。

    毛の引っかかりがなくなるまで続けます。

  2. コームで毛玉やほつれを確認し、毛並みを整える

    スリッカーブラシが終わったところはコームで毛並みを整えていきます

    コームが引っかかり毛玉やほつれが見つかったら、「1」に戻ってもう一度スリッカーブラシを通しきちんと取り除くようにしましょう。

    毛玉がきつくスリッカーブラシでもほぐれない場合は、ハサミを使って一つずつ毛玉を切り取るようにするとGoodです。このとき地肌近くの毛玉にハサミを入れるときは当然ですが十分注意が必要です。

ブラッシングの順番は、ワンちゃんが触れられたときに抵抗感の少ない場所から行うといいでしょう。具体的な順番は以下のようになります。

  1. 背中
  2. 体側面
  3. 首や胸
  4. お腹
  5. 頭部全体
  6. 足先
  7. 耳や顔

スリッカーブラシではブラッシングしにくい顔周りのお手入れの際には、初めからコームを使用し丁寧にお手入れしてあげましょう。

 ポイント・注意点

スリッカーブラシの力加減には特に注意

スリッカーブラシの先端は鋭利なため、力加減を間違えるとワンちゃんの地肌を傷つけてしまいます。拳を握るようにブラシの柄をグッと握ってしまうと力が入りすぎてしまうため、ペンを持つように握ると、力が過剰に入るのを防ぐことができます。

実際に自分の手の甲にスリッカーブラシを当ててみて力の加減は適切か確認するとよいでしょう。人間が痛いと感じるならそれはワンちゃんにとっても痛いはずです。

引っかかっても無理に引っ張らない

たとえブラシが毛に引っかかったとしても強引に引っ張り無理にとかそうとするのはNGです。多少は平気ではありますが皮膚が引っ張られワンちゃんに痛い思いをさせてしまうことになってしまいます。人間で言う髪の毛を無理に引っ張られるあの感覚です。

ブラッシング中の痛い思いが続いてしまうと、当然ワンちゃんに“ブラッシング=嫌なもの”という思考回路が出来上がってしまい、ブラッシング嫌いな子になってしまいます。ワンちゃんが嫌がっていないかよく観察しながらブラッシングを行って下さい。

ブラッシングをかける被毛の根元を持ってブラッシングをしてあげると、皮膚がブラシに引っ張られるのを防ぐことができます。

毛玉のできやすいところは特に気を遣う

ワンちゃんが触られて嫌なところはどうしてもブラッシングがしにくくなってしまい毛玉ができやすくなります。特にポメラニアンは毛量が多いため、毛玉のお手入れはまんべんなく行いたいところです。

  • 耳の付け根
  • 脇の下
  • 内股
  • お尻周り
  • しっぽの生え際

こういったところは毛玉ができないよう特に念入りにブラッシングをしてあげて下さい。

最低でも一日一回、抜け毛が多いときは一日数回

ポメラニアンの場合は最低でも一日一回はブラッシングを行うようにしてください。

春や秋は毛が抜け変わる換毛期と呼ばれ、特に抜け毛が多くなります。そのため「抜け毛が多いな」と感じたらこまめにブラッシングし、一日数回ブラッシングをしてあげるようにしましょう。

ブラッシングには様々な効果が

ポメラニアンの魅力といえば、なんといってもふわふわフサフサの被毛。この被毛を保つためにはきちんとしたブラッシングを行うことは欠かせません。ところがそれ以外にもブラッシングには様々な効果があることはご存知でしょうか。

  • 皮膚病やできものなどがないか健康状態のチェック
  • 適度な刺激による血行促進
  • 直接触れ合うことでのスキンシップ・コミュニケーション

毛並みを整えるだけでなくこういった様々な効果をもたらしてくれるブラッシング。日々のお手入れを怠ってしまうことが愛犬の健康状態を侵してしまう恐れもあるのです。

こういったことを頭に入れておくと日々のブラッシングに対する気持ちが少し変わってくるのではないでしょうか。