室内だって油断大敵!ポメラニアンの暑さ対策

ポメラニアンは夏の暑さに弱い犬種です。お家の中だからと言って油断は大敵。快適に過ごせるようしっかりと暑さ対策をしてあげましょう。

ポメラニアンの祖先は寒冷地で生活していた犬になります。そのため比較的暑さに弱いポメラニアン。気温が高く、ジメジメとして湿度も高い日本の夏は、室内だからといって油断は大敵です。しっかりと暑さ対策をしてあげ、ポメラニアンが快適に過ごせる環境を作ってあげましょう。




ポメラニアンの暑さ対策~エアコンが基本

直接的に温度・湿度を下げることができるエアコンは、一番簡単で一番重要な暑さ対策といえます。真夏の室内は予想以上に高温に。窓を開けていても不十分なこともあります。我慢することなく積極的にエアコンを活用することをおすすめします。ただ使用にあたりいくつか注意が必要です。

まず初めに頭に入れておいてもらいたいことは、冷たい空気は下に溜まるということです。ポメラニアンは人間とは違い、常に床からおよそ30㎝以内の範囲で生活しています。つまり人間が感じているよりポメラニアンは冷えやすいということ。設定温度には十分気を使い、部屋の冷え過ぎには注意しましょう。もちろん外の気温にもよりますが、25℃から28℃くらいの温度設定がベストです。

気温があまり上がらない日でも湿度が高いことがよくあります。そんな時は積極的に除湿機能を使い湿度を下げてあげましょう。高温だけでなく多湿もポメラニアンの敵であることを忘れずに。

扇風機の活用

扇風機は風の流れをよくすること、部屋の空気を循環させることが目的です。

ここで押さえておきたいポイントは、犬に直接風を当てても効果はないということ。人間と違い、犬は汗腺が肉球にしか分布していないため皮膚表面から汗をかきません。そのため直接扇風機の風を当てたところでポメラニアンの体温を下げられるわけではないのです。

足元に冷たい空気がたまらないようにエアコンと併用するのがベストです。

遮光する

たとえ室内であっても夏の日中に直射日光が当たる場所では、人間同様に熱中症の危険が。カーテンやすだれ、雨戸を効果的に用いて遮光してあげましょう。部屋に直射日光が入らないだけで室内の気温は大きく変わります

いつでも水が飲める環境を

犬にとって水を飲むという行為は、体温を管理するために非常に大きな役割を果たしています。

水飲み場を一か所に決めてしまうのではなく、こまめに水分補給ができるように複数か所用意してあげるとよいでしょう。いつでも新鮮な水がすぐに飲める環境をつくってあげることが重要です。

このとき注意したいのが水の温度です。暑い季節は水もすぐに温まってしまいます。いくつか氷をいれてあげるとワンちゃんのクールダウンに効果的です。当然ですが直射日光の当たる場所では特に水は温まりやすくなります。水飲み場の選び方には注意しましょう。

少しの工夫で快適に

身近なものを工夫して夏の暑さ対策に活用していきましょう。

ペットボトルを凍らせる

ペットボトルに水を入れて凍らせるだけ。それをタオルでくるんで与えます。ひんやりグッズに早変わり。お金もかからず経済的です。

ペットボトルをかじってしまうという場合は、氷水を入れた湯たんぽがおすすめです。

また、凍らせたペットボトルを扇風機の前においておけば簡易的な冷風機に。「エアコンを使うのは…」という方におすすめしたい方法です。

保冷剤を活用

ケーキやアイスを買ったときにもらえる保冷剤。こちらはペットボトルよりサイズが小さく使い勝手がいいので冷凍庫に常備しておくとよいでしょう。

ペットボトルと同様にタオルにくるんで与えるのもよいでしょう。それだけでなく、ハンカチやバンダナにつつみ首に巻いてあげるという使い方も。

その一方で、かじってしまって中身を誤食してしまうということがないよう十分注意が必要です。与えているときは常に目の届く範囲で。かじってしまうようなら使用を中止しましょう。

ひんやり便利グッズの活用

今日では暑さ対策として手軽に使える便利グッズが多数存在しており、それらを使わない手はありません。うまく活用していきましょう。

ここでは多数あるひんやりグッズの中からいくつか簡単にご紹介します。

アルミプレート

熱伝導性が高いアルミニウムを使ったプレート。上に乗るだけでひんやり、ワンちゃんの体温を効率的に冷やします。

金属板ですので汚れたらふきとることもできますし、耐久性もあるので毎年新しく買う必要がないのも大きなメリットです。

臆病なワンちゃんですと、金属のプレートということで怖がってしまって上に乗りたがらないこともあるので注意が必要です。

ジェルマット

ひんやり冷却ジェルが中に入ったマット。クッション性が高く、「アルミプレートに乗ってくれない…」という神経質なワンちゃんにも安心です。

一方で噛み癖やひっかき癖がある子は要注意。中身のジェルを誤食してしまう恐れがあります。留守番時の使用は控えたほうがいいでしょう。

ワンちゃんの性格は多種多様。それぞれにあったグッズ選びが重要です。

クールバンダナ

水に濡らして衝撃をあたえることで蒸発冷却してくれるという優れもの。首に巻いてあげることだけで熱中症対策ができます。気化熱を利用して首元からワンちゃんの熱を奪います。

ワンちゃん自身に身につけるものなので、お家にいるときだけでなく、お散歩などのお出かけ時にも有効なのがポイントです。

サマーカットには十分注意

「毛が暑そうだから短くしてサマーカットに」こんな安直な理由でサマーカットにするのはNGです。

単純に毛を短くすれば暑さ対策になるかと思いきやそれは大間違い。地肌が見えることでかえって直射日光を浴びやすくなり逆効果なんてことにも。被毛はあまり短くしすぎないことをおすすめします。

様子の異変があったら動物病院へ

ワンちゃんも人間と同じように熱中症になります。気温が高くなる夏場にはいつも以上に体調に気をかけ、少しでも様子がおかしい場合は動物病院を受診してください。

体の小さなポメラニアン。ちょっとしたことが原因で死に至ることも少なくありません。お家の中だからといって油断は大敵です。愛犬を守ることができるのはまず飼い主さん。しっかりと暑さ対策を行い快適な夏をお過ごしください。