夏の散歩を快適に!ポメラニアンが注意すべき点とは




ポメラニアンの夏の日中の散歩は絶対にNG。熱中症や肉球のやけどなど危険がいっぱいです。涼しい時間を狙うのがポイントになります。ところが涼しいといってもたかが知れているのが日本の夏。散歩中の暑さ対策・工夫を忘れずに行いましょう。




犬にとっては地獄!日中 炎天下の散歩はNG

夏になると気温が30℃を超える日がほとんど、都心・平野部では35℃を超える日も少なくありません。私たち人間も夏の日中はなるべく外出したくありませんよね。

ワンちゃんはそれ以上に暑さを感じ取ってしまいます。ポメラニアンは特に暑さに弱い犬種であり、夏場の日中の散歩は熱中症による死の危険も伴います。

人間より過酷な日中の外

照り返しの影響

夏は直射日光の影響でとても暑いのはもちろん、照り返しによる暑さも過酷です。

ポメラニアンの体高は地面からおよそ30cm。われわれ人間と比べ地面からの距離が近く、照り返しによる暑さは過酷を極めます

気温30℃のときにはアスファルトの地面付近は50℃、芝生の地面でさえ40℃を超え非常に危険な状態になります。

やけどの危険

地面付近の気温の上昇だけではなく、地面そのものの温度も上昇することも忘れないでください。

真夏日の日中になるとアスファルトの表面温度は70℃にも達し、目玉焼きがつくれるなんて話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

ワンちゃんは人間のように靴を履いていません。裸足で歩いているようなものです。夏の日中の散歩は肉球のやけどの危険があるのは想像にたやすいでしょう。

特に都心やアスファルトの上では、日中に吸収した熱によって、日没後気温が下がっても地面の温度がなかなか下がらないこともあります。「気温が下がったから」と安易な考えで散歩に連れ出すのではなく、地面は熱くないかきちんと確認してから散歩に行くとよいでしょう。

散歩に行く前に、自分の手で地面を触ってみて温度を直接確かめるとよいでしょう。人間が熱いと感じたらワンちゃんも熱いと感じます。

夏の散歩、おすすめの時間は?

気温が上がりきる前の早朝、それから日が落ちて気温が下がった後の夜中。夏の散歩はこの二択になります。

早朝

夏の散歩に一番適した時間は早朝です。日が昇り気温が上がり切る前、5時から6時がおすすめ。地面もまだそこまで熱くなっておらず比較的快適にお散歩できます。7時台になると気温もだいぶ上がってきますのでそれまでがお散歩ベストタイムです。

ただ、直射日光の強さは紛れもなく”夏の日差し”そのものであることに違いはありません。気温が上がりきっていないとはいえ、直射日光を浴び続けては体温の上昇は避けられず、熱中症に繋がる恐れがあります。

散歩コースの工夫は必須。なるべく日陰を選ぶようにしましょう。

夜中

完全に日が沈んで気温が下がってから、夜中に散歩するのもいいでしょう。ところが完全に日が沈んでからも気温がなかなか下がらないのが現状。時間としては21時以降がおすすめです。

また真夏になると気温が下がってきたとしても、アスファルトの地面がなかなか冷めないこともあります。夜のお散歩とはいえ肉球のやけどには十分注意したいところです。

お散歩時の肉球やけど対策グッズとして、犬用のブーツシューズも数多く販売されています。そちらを活用してみるのもいいでしょう。

車で近くの河川敷に連れていくという手も

「そんな遅い時間に散歩はできない」
「もっと運動させてあげたい」

こんな場合は近くの河川敷まで車で行き、そこでお散歩するというのも一つの手です。街中に比べ水辺ということで気温は低いですし、何よりアスファルトではなく土や芝の上を歩くことができます。

毎日とはいかなくとも、たまに連れ出してあげるといいでしょう。夏場にはなかなか確保が難しいのびのびと運動する機会が増えますよ。

散歩中に注意したいこと

時間の工夫は必須ですが、それでも暑いのが日本の夏。散歩中にも意識的に暑さ対策を講じなければ熱中症になってしまう恐れがあります。

こまめな水分補給を心掛ける

脱水症状には十分注意が必要です。散歩中ワンちゃんの様子は逐次気にするように。ハアハアと息が切れるようでしたら、こまめな休憩をとり、こまめな水分補給を心掛けてください。

暑さ対策グッズの積極的な活用

犬の汗せんは肉球にしかなく、人間のように汗をかくことはできず体温調節することが苦手。そこでワンちゃんの体温が少しでも上がらないよう工夫してあげることが快適な散歩につながり熱中症の予防にもなります。

今日では様々な暑さ対策グッズが販売されていますが、その中でも散歩時にとても効果的なのはクールベストクールバンダナといった商品。気化熱をうまく利用してワンちゃんの体温上昇を抑えてくれます。また水にぬらして着させてあげるだけと、使い方が簡単なのも魅力的です。

こういった商品は積極的に活用していくことをおすすめします。

犬が体温調節するため「ハアハア」と舌を出す頻度が減り、冷却効果が目に見て取れますよ。

無理をしない散歩時間

ワンちゃんによって体力に違いはありますし、暑さに対する耐性も個々に変わってくるので一概に「散歩は~分で終わらせるべきだ」とは言いにくいです。

ワンちゃんをよく観察し散歩時間の調整をするように。散歩の途中で頻繁に座ったり、寝そべったり、まったく歩く様子がなければ散歩を終わりにするという判断も重要です。無理に散歩させたところで何の意味もありません。

ただ、毎日外に連れ出してあげることはとても重要。5分でも3分でも、短い時間でもいいのでなるべく散歩には行くようにしましょう。

ほとんどの時間を室内で過ごしているポメラニアンにとって、散歩に行くことはいいストレス発散・気分転換の場です。それだけでなく、普段の生活の中で接することのない外の世界で、ほかのワンちゃんやネコちゃん、車や自転車、見知らぬ人たちといった様々なものと触れ合うことができるとても重要な時間になります。

暑さに弱いポメラニアン

ポメラニアンの祖先は寒冷地で生活していた犬になります。そのため比較的暑さに弱いポメラニアン。ほかのワンちゃんと比べて暑さに対しては特に注意が必要です。

くれぐれも夏の暑さは死の危険を伴う恐れがあるということを忘れずに。あなたの無知・不注意が愛するワンちゃんを苦しめることになりかねません。

暑さ対策・工夫をしっかりと行い、少しでも快適にお散歩していただければと思います。