ポメラニアンの吠え癖を直す方法は?正しいしつけと犬の心理




ポメラニアンが吠えたときに叱ったり、なだめたり、こちらから反応するのは基本的にNGです。「かまってもらえた」と思って一向に吠え癖は直りませんよ。ワンちゃんが「吠える」のは当たり前。飼い主さんが「吠えさせない環境」をつくってあげることが大切になってきます。




犬にとって「吠える」ことはごくごく当たり前のこと

犬は「吠える」動物です。私たち人間のように言葉を話すことはできません。彼らにとって「吠える」ということは感情表現する手段の一つなのです。しつけをする上でそれがごく自然で当たり前の、本能的な行動であるということを頭に入れておく必要があります。

ただ家庭犬として生活していく上では周りの迷惑になりかねません。「吠える」ということだけではなくほかの感情表現を覚えさせていくことが重要になってきます。

特にポメラニアンの場合、臆病で神経質な性格が目立ちますので吠えやすい犬種といえます。犬の習性や性格をよく理解し、正しく対処してあげましょう。

吠えているときに叱ってはダメ?ポイントは「無視」すること

犬が吠えたとき、基本的には「無視」することがポイントになります。

吠えている間は無視を続けます。少しでも鳴き止み静かになったときに声をかけてあげましょう。これを繰り返し行うことで「吠えても何もいいことがない」ということを理解していきます。

吠えている間に叱ったり、なだめたり、こちらから何かアクションを起こしてはいけません。そうすると「吠えれば気持ちを分かってもらえる」と勘違いしてしまい、何かあるたびにさらに吠える癖がついてしまうのです。

「なぜ吠えているか」よく理解する

吠えるのには必ず原因・理由があります。ワンちゃんだって意味もなくただ吠えているわけではありません。

吠えている間は無視、鳴き止んだら褒める。ただ闇雲にこれを繰り返しているだけでは当然よくなりませんし、飼い主さんにとっても、ワンちゃんにとってもストレスになってしまいます。

「なぜ」吠えているのかを理解することでその原因を減らせる場合があります。飼い主さんとワンちゃんのやりとりだけがしつけではありません。これも立派なしつけの一つです。

【ケース別】ポメラニアンによくある吠え癖対策

①散歩中、道で見知らぬ犬や人に吠える

これは見知らぬものに対する警戒不安、自分や仲間(飼い主)を守るために威嚇して興奮してしまうといったことが理由になります。吠えそうになる前に一旦ワンちゃんを落ち着かせ、このような状態にならないように飼い主さんがリードしていくことが大切です。

対策

吠えそうな相手が近づいてきたら一旦止まります。そこで名前を呼びおやつでアイコンタクト、相手が通り過ぎるまで注意をこちらに引き付けておきましょう。通り過ぎて視界に入らなくなったら、吠えずにいたことをたっぷり褒めてあげます。

慣れてきたら、一旦止まって最初に気を引き付けるタイミングを徐々に近くにしていくとグッドです。

②インターホンや雷、花火などの「音」に反応して吠える

これは音に対する恐怖心によるものです。音に慣れさせることで恐怖心を取り除いてあげることが吠えるのを止めさせる近道になります。

対策

普段から、苦手な音を小さな音量で流すようにしましょう。実際の音を録音して再生したり、動画サイトを活用するのもよいでしょう。ワンちゃんにとってそれが何の恐怖もない「日常生活の当たり前の音」になれば、過剰に反応して吠えることはなくなります。

なるべく最初は普段の生活音に交えて小さな音量で流すのがポイント。徐々に大きくしていきましょう。

③来客に対して吠える

これは来客に対する恐怖心、自分の家に誰かが来たという縄張り意識、見知らぬ人への威嚇、といったものが主な吠える理由です。誰かが家に来ても「怖くない」、「敵ではない」ということを理解させていくことが大切です。

対策

具体的な方法としては来客の方におやつを渡し、来客の手から直接ワンちゃんにご褒美をあげてもらいます。そうすることで「見知らぬ人への恐怖心」を少しづつ和らげていきます。

④おねだりで吠える

散歩の準備をしだしたり、食事の準備をするときに吠える。また何もしていなくとも、散歩や食事の決まった時間に飼い主さんに対して訴えるように吠える場合は、自分の要求を吠えることで表現しています。この要求に応えてしまうと一向に吠える癖は直りません。

対策

とことん「無視」しましょう。吠えている間は散歩も食事もおあずけ。それどころか叱ったり、かまったりしてもダメです。とことん無視を貫きます。

静かになったらたっぷりと褒めてあげてワンちゃんの要求に応えてあげるようにします。これを繰り返すことで、ワンちゃんの中に「静かにしたら要求が通る」という思考回路が構築されていくのです。

無視するのはかわいそうだと思うかもしれませんが、わがままに育てるのはワンちゃんにとってもも良いことではありません。またワンちゃんが時間を覚えて催促してくる場合は、散歩や食事を決まった時間に設けるのではなく、毎日少しづつ時間を変えるという工夫も大切です。

吠え癖の原因はワンちゃん自身にはない

「吠える」という行為にはワンちゃんに責任はありません。周りに迷惑をかけようだとか、飼い主さんを困らせようだとか決してそんなつもりで吠えているのではないのです。

飼い主さんがしっかりとワンちゃんを「吠えさせない環境」にリードしてあげることが重要です。特にポメラニアンは吠えやすい性格ですので飼い主さんの技量が試されますね。

しばしば、吠えると電流の流れる首輪をつけさせて「天罰方式」で吠え癖を調教したり、手術をして声帯の一部を取り除いて吠えなくさせるといった方法を目にすることもあります。賛否両論あるとは思いますが私個人の意見としてはおすすめできるものではありません。もはやこれは「しつけ」ではないとすら感じています。きちんと飼い主さんとワンちゃんとでコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことによって吠え癖は解消することができるのです。

このようなことを頭の片隅にでも置いておいて、ぜひ愛すべきワンちゃんと接してもらえると私もとてもうれしいです。