ポメラニアンに意外と多い噛み癖の原因と対処法を解説

ポメラニアンの噛み癖は絶対に早いうちに治しておきたい症状に鳴ります。

子犬の時期であれば尚更、甘噛みであっても許容してはいけません。甘噛みを放っておけばいずれ本気噛みへと変わり、手のつけられない凶暴な犬になってしまうこともあります。本来なら母犬や兄弟とのじゃれ合いで学んでいきますが、早い時期から離されている場合、飼い主が親となりしっかりしつけてあげる必要があります。




噛み癖は社会性を身につける子犬期の接し方がポイント

犬にとって生後〜3ヶ月は「社会化期」と呼ばれる時期。この時期は、母犬や兄弟犬と触れ合いながら、力の加減や服従の姿勢など相手との接し方について学びます。しかし、最近のペットショップは早い段階から家族と引き離されているため、犬社会のルールを学べないままということも非常に多いです。

本来、子犬を迎えるならば家族の元で過ごし犬社会のルールを学んでから、色々なことに興味を持ち出す3ヶ月以降が適しています。人間と接することで人間社会のルールを学ぶ時期に変わっていきますが、犬社会のルールすら学べていない子はしっかりと根気強く飼い主がルールを教える必要があります。この時期は成犬になっても大きく影響するので、やりすぎはいけませんが愛をもって正しいしつけをしてあげることが大切といえます。

甘噛みくらいなら可愛いものだと放っておくと、ゆくゆくは他人を傷つけてしまったり事件に発展してしまうケースも考えられます。ダメなことはダメとしっかり教えてあげることが愛情ですね。

犬が噛むのにも理由がある

人間の赤ちゃんも手で掴むことで脳を発達させていくのと同じように、犬は噛むことで様々なことを学びます。「人を噛む=いけないこと」と認識させることは大切ですが、まずは考えられる理由について飼い主も把握しておきましょう。

  • 子犬期から成犬へ歯の生え変わりで痒くて何かを噛みたい。
  • じゃれているうちに楽しくて手を噛んでしまう。
  • ストレス・不安から噛み付いてしまう。
  • 間違ったしつけで手を怖いものだと認識している。
  • 妊娠中のメス犬は防衛本能から噛みつくこともある。

なぜ噛んでいるのか飼い主が理解しないまま、むやみやたらに叱ったりしてしまうと犬は精神的不安定になり自信をなくしたり、逆に遊んでもらえていると勘違いし更に噛みやすくなることもあります。飼い主が状況を見極め対処してあげましょう。

シチュエーション別の対処方法

歯が痒い、遊びたい場合

じゃれ合いを手で行う飼い主さんも多いですが、手を噛む=コミュニケーションと覚えてしまうと噛み癖を直すことが難しくなるためNGです。今まで手で遊んでたのに突然怒られても犬もなぜ怒られたのか理解できないですよね。

対策

遊ぶときは「噛んでもいいおもちゃ」を用意し、欲求を満たしてあげましょう。ヒートアップしてくるうちに手に歯が当たることも出てくると思います。その時は、痛い!と低めの声、怖い顔で一喝し「噛まれたら痛いよ」と意思表示して学習させます。遊び半分で「キャー」なんて言っていると遊んでもらっていると勘違いすることもあるので、一喝しても噛む場合は遊びを中断し相手にしない、無視するということも時には必要です。

犬にとっては全てがおもちゃに見えていたり、歯が痒くて何でもいいから噛みたいと家具を噛む子もいますよね。この場合も、噛んでもいいおもちゃを与え、それで遊んでいたら褒めて相手をしてあげる。噛んではいけないものを噛んでいたら叱る。というメリハリがしつけのポイントです。

ストレス・不安から、手を「怖い」と認識している場合

噛んだ瞬間にマズル(鼻先)をつかんだり、口に手を入れ押さえつける方法も有名ですよね。しかし、必要以上に叱ったり体罰を与えることで「手は怖いもの」と認識しトラウマ・威嚇から噛み癖がついてしまうケースもあります。

対策

ポメラニアンなど特に小型犬には、体罰は有効な手段とは言えずトラウマを植え付ける行為にもなりかねないのでやりすぎはよくありません。信頼関係が崩れると修復はかなり難しく時間がかかります。手は怖いものと認識する前に、良いことをしたら沢山撫でて褒めてあげる、手からご褒美でおやつをあげるなど日頃から手を使ってスキンシップを行いましょう。

ポメラニアンは神経質で臆病な子も多く、上から撫でられるのが苦手な子もいます。小さい子供が触る時は特に下からまずは手の匂いを嗅がせるなどしてから触ってあげましょうね。

噛み癖がつくのは飼い主の責任

ポメラニアンの飼い主の悩みに吠え癖と同率くらいで多いのが噛み癖です。害の無さそうなコロコロした見た目が愛らしくつい甘やかしてしまう飼い主さんも多いのですが、ポメラニアンは賢い子が多いのでいつの間にか主従関係が逆転し手のつけられない凶暴な犬になっていることも十分ありますよ。

どうしても治らない場合は、リンゴの苦味成分で作ったビターアップルという噛み癖防止スプレーも人気があり手や家具に吹きかけることで、噛むと苦い、マズイと学習するようになります。

愛犬にとってあなたは大切なパートナー、良くするも悪くするも飼い主次第です。メリハリをつけてしつけてあげることで信頼関係を築いていきましょう。