ポメラニアンと電車に乗るためのルール・マナー




電車は公共の乗り物です。ワンちゃんと一緒に乗るためには守らなければならないことがたくさんあります。

「そもそもポメラニアンと一緒に電車に乗れるの?」と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。答えは「乗れます」。

ところが「一緒に乗れる」といっても、リードをつないで一緒に乗ったり、抱っこして乗ったりすることはできません。




ポメラニアンと電車に乗るには

日本の法律上、犬はあくまで「モノ」としての扱いになってしまうからです。そのため駅のホーム、車内では顔が見えない状態で完全に全身がケースに入っていることが必須条件になります。またそのケースの大きさや重さ、持ち込み時の料金など、それぞれの鉄道会社の定める規定がありますのでHP等で必ずチェックするようにしましょう。

JRの例

・小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)で、長さ70センチメートル以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチメートル程度のケースに入れたもの。ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内のもの。
・手回り品料金は、1個につき280円です。ご乗車になる駅の改札口などで荷物をお見せのうえ、普通手回り品きっぷをお求めください。
・ソフトタイプ(布製など)のケースに入れた状態ではご利用になれません。
・ペットカート(ペットバギー)は、カートも含めた寸法がペットを有料手回り品としてお持ち込みいただける制限を超えるためご利用になれません(ケースとカートを分離する場合を除きます)。

JRおでかけネット/切符のルール:その他のきっぷ

色々と書いてありますが、まとめると

  • 長さが70センチ以内
  • タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ
  • ケースと動物を合わせた重さが10キロ以内
  • 料金は280円

となります。ポメラニアンの場合、小型犬ですので重さで引っかかることはほぼないでしょう。注意すべきポイントはケースの大きさ。必ず鉄道会社のHPを見る、または直接問い合わせるなどして、お出かけ前に絶対に確認しておくようにしましょう。

こちらに主な鉄道会社の規定をまとめました。ぜひ併せてご覧ください。

【鉄道会社別】犬・ペットの持込みに必要なケース・料金一覧

ポメラニアンと電車に乗る前に~ルールとマナー

ケースには十分慣れておく

狭い空間に長時間入っていることになります。ケースの中で過ごすということに慣れていない場合は、どうしてもワンちゃんのストレスになってしまいます。またワンちゃんへのストレスというだけでなく、不安や緊張から車内での無駄吠えにつながったり周りの人への迷惑になりかねません。

ケースの中では落ち着いてリラックスできるよう、普段からケースの中に入ることに慣れさせておくようにしましょう。

トイレは済ませておく

電車に乗る前にはトイレを済ませておくようにしましょう。車内はもちろん、駅のホームでも原則としてワンちゃんをケースから出すことはできません。ですので改札を出ない限りは途中で…ということはもちろんできないというわけです。

「それでも不安…」という方はケースの中にトイレシーツを敷き詰めておくとGoodです。お出かけ当日には時間に余裕をもって出発するといいですね。

直前の食事は控える

ワンちゃんも人間同様に乗り物酔いをします。酔いやすい、酔いやすくないはワンちゃんの体質によりますが、直前に食べ物を与えることは控えるのが賢明です。出かける2~3時間前には食事を済ませておくとよいでしょう。

それでも酔いがひどく、どうしても戻してしまうといった場合は、動物病院で酔い止め薬を処方してもらうことも一つの方法です。当然ですが人間用の薬は絶対に与えないでください。

乗車時に確認しておきたいこと

ラッシュアワーは避ける

時間に規定はありませんのでラッシュ時に乗ることはできます。ですが混雑時の乗車はワンちゃんへのストレスはもちろん、当然周りの人とのトラブルにもなりやすくなります。朝夕のラッシュ時は避け、空いている時間を狙うのが賢明です。

犬がいることを悟られないように

電車は公共の乗り物です。当然のことですが犬嫌いの方や犬に恐怖心を持っている方など、様々な人が乗っています。トラブルを避けるためには犬と一緒に乗車しているということを気づかせない、悟られないような工夫をしましょう。

落ち着かせるために声をかけることはいいのですが、乗車中はなるべく控える。周りにワンちゃんの存在を気づかれてしまったら車両を変える。などなど。トラブル前の気遣い一つがとても重要です。

ケースは足元に

ケースを膝に置くのはなるべく避けましょう。またたとえ隣の座席が空いているからといって座席の上にケースを置くのも避けましょう。いくらガラガラの時間でもマナー違反です。いくら「モノ」扱いだからといっても手荷物棚に置くのはもってのほかです。飼い主さんの手の届く足元に置くのが基本になります。

ただ、電車内は夏には冷房が、冬には暖房がつけられている場合がありますので、冷暖房の吹き出し口には十分注意するようにしましょう。直接当たるような場所に置いてしまうと体調不良の原因になってしまいます。

初めは一駅から、徐々に慣れさせる

いきなりの長距離移動は、慣れていないことによる緊張や疲れ、また周りとのトラブルの元にもなります。何事も段階を踏むことが大切です。初めは一駅から、隣の駅の公園へお散歩に行くといった具合で気楽に電車デビューするといいでしょう。

ワンちゃんを連れての電車移動はワンちゃんだけではなく、飼い主さんも周りへの配慮等相当神経を使いますので非常に疲れるかと思います。無理はせずに時間・距離を徐々に伸ばしていき、飼い主さんワンちゃん共々徐々に電車移動に慣れていくのがポイントです。

たとえ電車移動に慣れたとしても、こまめにホームに降り、休憩、水分補給を挟んであげるようにしましょう。そのため時間には十分余裕を持って出発してくださいね。

周りへの配慮は忘れずに

公共の乗り物である電車には、様々な人が乗っているということを絶対に忘れないでください。犬を電車に乗せるということに否定的な考えをもっている方も当然乗ってます。「ちょっとくらい…」「これくらいなら…」そんな軽い気持ちによる、ちょっとしたルール違反・マナー違反が周りの方に迷惑をかけることにつながるのです。

またルール・マナーを破ることはその場にいる方に迷惑をかけるだけではありません。そういった行為がルール・規制をより厳しいものにしてしまうということです。「犬を連れて乗車する人のトラブルが絶えない」となれば最悪の場合「うちは犬を連れての乗車を禁止にします」となっても無理はありません。そうなって困るのは私たち犬を飼っている人たちです。

周りへの配慮は忘れずに、ルール・マナーをよく守って快適な電車移動をお過ごしください。