退職(転職)時に会社から受け取るもの・返却するものリスト

会社を退職する際、会社から受け取るもの・返却するものをまとめました。

主に会社から貸与されたもの、今の会社と関係のあるものはすべて返すという認識で構いません。また、会社から受け取っておくべき書類も確認しておかないと、退職後に面倒なやり取りが発生します。




退職時に返却するもの一覧

  1. 保険証(健康保険被保険者証)
    健康保険は、会社ごとに加入している団体が異なるため、転職ごとに脱退手続きを行います。転職先が決まっている場合は転職先で新しく健康保険に加入し、離職中であれば国民健康保険に切り替えるか、任意継続被保険者制度を利用しましょう。
  2. 携帯電話、パソコン、USB他
  3. 名刺
    取引先の名刺についても、返却を要求される場合があります。
  4. 社員証
  5. 定期券
    交通費が会社負担で前払いされている場合は定期券を返却します。
  6. ロッカーや机の鍵
  7. 制服

退職時に会社から受け取るもの一覧

  1. 離職票
    転職先が決まっている場合は必要ありませんが、転職先が決まってない場合は失業保険を受給するために必要な書類となります。被保険者でなくなった日(退職扱いされる日付)から数えて10日以内に会社から交付される決まりになっているため、届かない場合は会社に催促しましょう。
  2. 雇用保険被保険者証
    転職先に提出しなければいけない書類のため、必ず受け取りましょう。企業によっては退職後に郵送されてくる場合もありますので、どのように扱われているのか退職前に確認する必要があります。
  3. 当年分の源泉徴収票
    年末調整のために転職先で必要になります。最後の給与が支払われた後に郵送されるので、届かない場合はこちらも会社へ催促しましょう。
  4. 年金手帳
    年金手帳を会社に預けている場合は返却してもらいます。
  5. 厚生年金基金加入員証
    厚生年金基金に加入している場合は、加入員証も忘れず受け取りましょう。厚生年金に入っていれば必ず入っているというものではないため、確認が必要になります。