自宅をバリアフリーにリフォーム!我が家は補助金を受け取れる?

これまでの社会は、お年寄りや障碍者などの弱者が使いやすいようにはなっていませんでした。所々に段差があったり、階段だけでエスカレーターやエレベーターがない所ばかりだったのです。

ですが高齢化社会となってお年寄りが増加すると、弱者に対して社会が目を向けるようになりました。段差を極力なくして、足腰の悪いお年寄りでも躓かないようにしたり、車いすでスムーズに移動できるようになったのです。またエスカレーターやエレベーターも増やし、階を楽に移動できるようにしたのです。いわゆるバリアフリー化を施し、全ての人が住みやすい社会になって来ています。

「自宅をバリアフリーにリフォーム!我が家は補助金を受け取れる?」の続きを読む…

バリアフリー・ユニバーサルデザインの問題点と解決策

日本は長寿国ですが、「健康寿命」はそれほど長くありません。つまり、老後の生活のほとんどが介護に頼らざるを得ない、又は介護をする人材が必要になるということです。

介護者と被介護者に負担が少なくなるバリアフリーは今後ますます需要が伸びていきます。増え続ける社会保障費を考えれば、軽度の介護認定なら、在宅介護が中心になっていくと思われ、住宅も軽度な介護を家族ができるような形に変わっていくでしょう。特に、トイレやお風呂等は、バリアフリーの住宅が増えると思われます。

「バリアフリー・ユニバーサルデザインの問題点と解決策」の続きを読む…