【2015年プロ野球】沖縄・宮崎春季キャンプ情報 2月1日~(パ・リーグ編)

2015年2月1日は日本プロ野球の元日のようなもの。

新たに監督として就任したソフトバンク工藤公康監督、広島緒方孝市監督、ヤクルト真中満監督にとってはこの春季キャンプが本格始動の門出となる日。

また、ドラフトで新規加入した日本ハム・有原、楽天・安樂についても注目だ。

そんな2015年のシーズンが待ち遠しく、キャンプ地まで足を運ぼうかとお考えの方のためにパ・リーグ6球団のキャンプ情報についてまとめた。




セ・リーグキャンプ情報についてはこちら

全12球団 春季キャンプスケジュール日程はこちら

福岡ソフトバンクホークス

ikimenomori
キャンプ地:生目の杜(いきめのもり)運動公園

住所:宮崎市大字跡江4461番地1

アクセス:
宮崎西ICから車で約5分
宮崎駅から車で約20分
宮崎空港から車で約30分
宮交シティから記念病院・生目の杜行き(土・日・祝日のみ運行)1日に数便。生目の杜運動公園バス停下車

kudo

比較的アクセスは容易なため例年多くのファンが足を運ぶ。
特に今年は、地元福岡から爆発的な人気を誇る工藤公康新監督が就任した。

12球団 2015年新加入選手・監督・スタッフ情報

巨人へFA移籍した際はホークスファン15万人以上の「ホークスへ残ってくれ!」という嘆願書が集まったという伝説もあり、相当な数のファンが訪れることは間違いない。

オリックス・バファローズ

sokken

キャンプ地:清武総合運動公園野球場

住所:宮崎県宮崎市清武町今泉甲530番地

アクセス:清武駅から車で約10分・清武インターチェンジから車で約5分

camp2

2014年オリックスは前年比120%の観客動員数を記録。

勢いそのままに2015年のキャンプでも多くのお客さんが足を運ぶことだろう。

また、金子のメジャー移籍についてもまだ決まっていないが、去就次第では彼らのサインをゲットする機会としてラストチャンスかもしれない・・・。

追記:2014/11/29
→金子オリックス残留 右肘の手術に親身な球団に恩義

北海道日本ハムファイターズ

camp3

キャンプ地:名護市営球場

住所:沖縄県名護市宮里2-1

アクセス:名護市役所から車で15分程度

DAK

ダルビッシュ・斎藤佑樹・中田翔・大谷翔平
そして今年の有原航平

とにかくドラフト運が強く、集客力のあるスター性の選手を獲得する力がある日本ハム。

またイケメン選手が多く女性人気の高い球団。
陽岱鋼、西川遥輝、中村勝、杉谷拳士、上沢直之、などなど

例年多くのファンで賑わうが今年もそれは変わらず、選手との触れ合う距離の近いキャンプでは、より多くのファンが詰めかけることだろう。

【注目度No.1】ドラ1有原航平はプロで通用するのか?過去のデータから徹底検証

千葉ロッテ・マリーンズ

camp4

キャンプ地:石垣市営球場

住所:沖縄県石垣市字登野城1408-1

アクセス:石垣空港からタクシーで5分

camp5

2014年は涌井・唐川の大不調、シーズン通じても防御率はリーグワースト(4.14)
さらには成瀬のFA流出…

FAでも選手を取るわけでもなく、戦力はあまり変わらない模様。

ただドラフトでは1位に早稲田大学の主将・中村奨吾
2位でも京大初のプロ野球選手田中英祐を獲得。

ルックスも兼ね備えた両選手を一目見ようと多くのファンが訪れるだろう。

京都大学から史上初のプロ野球選手!田中英祐がロッテから2位指名 この男一体何者?

西武ライオンズ

camp6

キャンプ地:南郷スタジアム

住所:宮崎県日南市南郷町西町1-1

アクセス:JR南郷駅から徒歩15分(1km)

camp7

海外組の出戻りで松坂大輔、中島裕之が古巣復帰となればキャンプは大いに盛り上がるだろうが期待は薄い。

松坂大輔ソフトバンク入り決定!背番号「18」+年俸4億円

シーズン成績が芳しくなかった2014年、そんな中明るいニュースとしてドラフト1位に前橋育英・高橋光成を一本釣りで獲得したことは大きい。

高卒選手の育成には定評のあるライオンズなのでその点で注目しながらキャンプを楽しみたい。

東北楽天ゴールデンイーグルス

camp9

キャンプ地:久米島野球場・ホタルドーム

住所:沖縄県島尻郡久米島町字鳥島清水100

アクセス:
【飛行機】那覇空港⇔久米島空港 約30分
【フェリー】那覇・泊港⇔久米島・兼城港 約4時間
久米島空港・港からバス10分

camp10

とにかく田中の穴が埋まらない!!

もろに影響の出た2014年のシーズンだった。
規定投球回をクリアした選手は則本・辛島だけ。
さらに勝ち越しできたのは則本だけ(14勝10敗)
ピッチャー陣の課題が今回のキャンプのテーマだろう。

ドラフトでは強運さを発揮し済美・安樂智大を獲得。
さらに2年目の松井祐樹

この2人を目当てにキャンプは多くのファンが訪れることだろう。
デーブ大久保については…あえて語らないことにしよう。

全12球団 春季キャンプスケジュール日程はこちら