【2014年プロ野球新人王】大瀬良大地(セ)、石川歩(パ)が最有力!11月26日発表

2014年度新人王は11月26日(水)に発表される。

昨季はセ・リーグでは小川(ヤ)、パ・リーグでは則本(楽)が受賞した。
他の候補でも、菅野(巨)、藤浪(神)、佐藤達也(オ)、大谷(日)、西野(ロ)、千賀(ソ)など豪華な新人王争いだった。

今年も多くの新人が活躍をしたが、セ・リーグでは大瀬良大地(広島)、パ・リーグでは石川歩(ロッテ)が新人王候補最有力だ。

新人の中で規定投球回をクリアしたのはこの二人だけ。

それでは2014年の新人らの成績を見ていこう。




セ・リーグ 新人王有力候補

大瀬良 大地(広島:投手)

大瀬良大地 新人王
【選手プロフィール】
背番号:14
投打:右投右打
ポジション:投手
プロ入り:ドラフト1位
年俸:1500万(2014年)

【2014年成績】
26試合10勝8敗
奪三振:116
防御率:4.05
勝率:5.56
投球回:151.0回

【主な記録】
初登板初先発:2014年4月2日(対ヤクルト)
初勝利:2014年4月16日(対阪神)
初勝利から5連勝を記録
初完投勝利:2014年5月1日(対阪神)
初完封勝利:2014年9月6日(対DeNA)
初安打初打点:2014年4月16日(対阪神)

【新人王査定】
開幕から先発ローテーションの一角として活躍し、大きな怪我もなく1年間投げ通した。

中でも阪神とのクライマックスシリーズ第2戦での投球は圧巻、1年目の投手とは思えない投げっぷりで強力阪神打線に7回無失点に抑えた。

将来を背負って立つ投手になることを予感させた。

新人王有力選手 成績一覧
選手 球団 守備 成績 ドラフト
大瀬良大地 広島 投手 26試合
10勝8敗
奪三振:116
防御率:4.05
1巡目
又吉克樹 中日 投手 67試合
9勝1敗24H2S
奪三振:104
防御率:2.21
2巡目
三上朋也 DeNA 投手 65試合
1勝4敗14H21S
奪三振:67
防御率:2.33
3巡目
秋吉亮 ヤクルト 投手 61試合
3勝4敗19H5S
奪三振:62
防御率:2.28
3巡目
田中広輔 広島 内野手 110試合
打率:.292
本塁打:9
打点:34
盗塁:10
3巡目
梅野隆太郎 阪神 捕手 92試合
打率:.197
本塁打:7
打点:21
4巡目
小林誠司 巨人 捕手 63試合
打率:.255
本塁打:2
打点:14
1巡目

パ・リーグ 新人王有力候補

石川 歩(ロッテ:投手)

ishikawaayumu
【選手プロフィール】
背番号:12
投打:右投右打
ポジション:投手
プロ入り:ドラフト1位
年俸:1500万(2014年)

【2014年成績】
25試合10勝8敗
奪三振:111
防御率:3.43
勝率:5.56
投球回:160.0回

【主な記録】
初登板初先発:2014年3月30日(対ソフトバンク)
初勝利・初完投:2014年4月6日(対日本ハム)
今季新人投手の先発完投勝利は初、ロッテの投手でも今季初完投となった。
初完封勝利:2014年10月1日(対西武)
初安打:2014年5月24日(対巨人)

【新人王査定】
投球回数・勝利数・防御率は新人王有資格者の中でNo.1

新人の中で最も安定した活躍を見せ、ロッテ投手陣の中でも唯一の二桁勝利達成と勝ち越し。苦しい投手陣を支えた。

またエース不在のロッテで来季開幕投手に名乗りを上げた。
2015年12球団開幕投手 報道情報まとめ

新人王有力選手 成績一覧
選手 球団 守備 成績 ドラフト
石川歩 ロッテ 投手 25試合
10勝8敗
奪三振:111
防御率:3.43
1巡目
松井裕樹 楽天 投手 27試合
4勝8敗3H
奪三振:126
防御率:3.80
1巡目
森友哉 西武 捕手 41試合
打率:.275
本塁打:6
打点:15
防御率:2.33
1巡目