【悲しい現実】大学生で税理士試験を受けようと思っているあなたへ

税理士試験

それは、日本の会計三大資格の一つ。
今の「資格試験」と言われているものの中で最も取るのが難しいとも言われている。

この不景気だから資格の一つでも取っておきたいと思うのは自然のことだが、
税理士試験だけは辞めておいたほうがいい。

その真相を説明しよう。




怖いもの知らずの大学生が陥りやすい罠

電卓

大学生になると、就活の為にも何か資格を取っておこうと思う学生も多いと思う。

うん、立派。

確かに、就活で履歴書やESの資格欄に「自動車免許」だけではさみしい。
そこで簿記検定や宅建、FPなどのB級資格(がんばれば取れる資格)に人気が集まる。

そこで辞めておけばいいものの、ごく一部ではあるが、簿記2級に受かったりしてしまうと
「自分には会計の才能があるのか??」

と、勘違い野郎がたまに発生する。

そうなるともう手がつけられない。
これまでとは目の色を変えて会計士や税理士、中小企業診断士など、仕事内容なんて大してわかっていないのに、前から目指していました風に頑張っちゃう意識の高い学生が誕生する。

目指すのは勝手だ。
しかし、目指す為の費用は親が出すんだぞ。

一体いくらかかるのか、自分が本当に合格可能性があるのか、考えてみろ。

関連記事:
かじがや卓哉~なぜこの世界に…税理士資格を持つ超天才お笑い芸人

税理士になれるまでの年数と費用

大原 税理士

「税理士になりたい!」

その心意気と、後先考えずにものが言える大学生の度胸、これは本当に尊敬する。
しかし、これだけは覚えておいて欲しいことがある。

合格率

税理士の試験制度は科目合格制を採用している。
全11科目のうち、5科目を何年かけてもいいから揃えること。
揃った段階で晴れて税理士としての資格を手に入れることができる(いろいろ端折っているので細かいところは自分で検索して)

イメージとしては、会計士試験が「広く浅く」、税理士試験が「狭く深く」

一見、ひとつのことに集中して取り組めるので税理士試験の方がとっかかり易いように思える。
しかしこれが罠。

仮にも合格率は10%前後の難関資格だ。

10%の試験に5回受かるのと、5%の試験に1度受かるのとどちらが難しいと感じるだろうか。

答えは言うまでもなく後者。

問題が自分にとってハマれば完全理解でなくても合格の可能性が出てくる。

しかし税理士試験の場合、たまたま1科目ハマったとしても、その偶然があと4回続くだろうか。
それに、落ちることも計算してあと何回あなたは試験を受ける予定でいるのか。

別に脅すわけではないが、どれだけ本気で税理士になりたいのか考えてからでも遅くはない。

関連記事:
資格に頼るしかない3流大学生必見!就活前に取るべき資格とは

膨大な時間を要する

一般的に、1科目1年、5科目5年でも“早い”部類に入る。

大学在学中に5科目揃えて、税理士として税理士法人や街の税理士事務所に就職して活躍したいなんて絵空事はやめとけ。
大学在学中の合格は「無理」!!!

この理解、考えを知っているか否かでだいぶ取り組み方も変わってくるはず。

またもっと言うと、大学在学中に3科目もまあほぼほぼ無理。
大学生というのは悲しいくらいにポジティブなので「無理」とか「難しい」とかネガキャンしてもそれがバネになってしまう。

しかし、受からない…。
なぜなら、モチベーションが続かないから。

「やりたい!」って思っているときは、誰に何を言われてもやりたいんだよ。
それが大学生。

このときに大学生が求めている言葉は背中を押してくれる言葉だけ。
都合のいい言葉だけが聞こえる不思議ちゃんになってしまう。

まあ、それはしょうがないんだ。

ただ、大学生活中に税理士を目指すということは、大学生としての楽しみを全て捨てる覚悟が必要だから、それだけは覚えておいて。

税理士になるのに一体いくらかかると思ってんの

税理士になるって言うんだったら、金の計算くらいできて当然だと思うけど、今の税理士試験の難しさから言って、ケチって独学でやろうなんて絶対無理だからね。

専門学校は必須。
TACとか大原とか色々あるけど、この二つのどちらかに入っていれば問題はない。

大体1科目10万~30万程度。
5科目素直に受けるとなると、100万は最低かかる。

これは医者を除いて、資格試験と言われているモノの中で最も金がかかる部類。
1科目からでも受験可能とあって、とっかかり易いという反面、はまったら抜け出せない蟻地獄のような試験。

手をつけてしまい、諦めた時にはもう周りにみんなは就活をしている。
しかし自分は税理士試験の勉強をしていたから何もその準備はしていない…。

終わった…

という具合。

100万というお金、実感が沸かないかもしれないが、サラリーマンの大体3~4ヶ月分の給料。
それを親があなたに投資してくれるわけだね。

親は子供が「税理士を目指したい」なんて言った日には突然メクラになるから、子供を信じきりガンガン金をつぎ込むだろう。
これを止められるのは、言い出した君だけなんだ。

「自分には会計の才能がない」

そう思ったらいち早く辞めてあげて、親のためにも、自分のためにも、ね。

まとめ

gold

何度も言うが、税理士になりたいという気持ちは立派。

そうそう決断できるものでは無いし、持っている人は少ない。
また、前述したように今資格試験の中で税理士が最も難しいと言われている。

ただ、その資格を取ったところで先の人生がバラ色に変わるわけではない。
それは誤解しないように。

私がこんなことをいうのは、前職で大手企業の経理をしていた経験があるから。
毎年のように中途で税理士や会計士の人間が入社してくる現状を見て素直に思ったこと。

いくら税理士・会計士の資格を取っても所詮内勤経理のアドバイザー程度でしか職がないのかと落胆した。
こいつらに話を聞いてみても、

「税理士法人なんてクソみたいなところですよ…」
「資格を取っても合コンくらいでしか使えませんね…」

って言葉ばかり。
さすがに“仕事が無い”ということはありえないらしいが、期待するほどの収入は得られないということだった。

これらを参考にして、大学生の諸君が本当に税理士を目指して取り組もうとしているのか考えて欲しい。
また、迷惑を掛ける相手、つまり“親”は、あなたを応援するに決まっているから、冷静なジャッジをしてくれる人を見つけ、自分が税理士を目指すべき人材か判断してもらうのもいいだろう。

関連記事:
かじがや卓哉~なぜこの世界に…税理士資格を持つ超天才お笑い芸人