眉毛を抜いたり剃ったりすると色素沈着が起きるというのはデマ

正直驚いたのですが、タイトルのとおりです。

先日、眉毛のニードル脱毛に行ってきました。
その際に担当してくれた脱毛士の方から伺った話です。




眉毛はいくら抜いても色素沈着は起きない

mayuge2

いやいやいや…実際に青いし!!

と、僕も脱毛士の先生にツッコミを入れました。
でも、反応が薄いというか、「ボクちゃんは何を言っているのかな?」という感じで一瞬質問を間違えたかと頭を整理しましたが何も間違っていません。

ここまで十数年、毎週2~3回は眉毛と格闘してましたが、まさに目からウロコのの情報でした。
でもよくよく考えれば分かることだったんですね。

目の皮膚は大変薄いため毛が透けて見えているだけだった

眼球周りの皮膚はとても薄い。
だから光脱毛やレーザー脱毛による眉毛の脱毛は請け負っているところが本当に少ないんだね(というか皆無)

そのため、生え始めのまだ埋まっている眉毛は見た目上青く見えているだけなのだという。

言われてみればそうかも…
日によって青く見えたり、そうでなかったりするのはそのためか。

また、シェーバーなどで眉毛を整えたりする場合は、シェーバーの刃を立てたり角度を付けて剃ることが多いから眉毛のの断面積も大きくなってしまうことがあります。
これも青く見せてしまう要因の一つ。

どっちにしろ、眉毛を抜いたり、剃ったりすることによる色素沈着は「有り得ない」と鼻で笑われながら言われてしまいました。
今まで何を心配しながら眉毛の処理をしていたんだろうか…

おすすめの眉毛の処理方法

色素沈着が起きないなら、とことん抜いていいのかというと、そうでもないです。

やはり「抜く」という行為は非常に副作用的なリスクも高いと言っていました。
抜くと、毛穴はぽっかり空いた状態になり、ばい菌は入り放題。抜いた直後の目の周りは強い炎症を起こしているため思っている以上に熱を帯びています。一度温めたタオルなどで目をケアし、時間をおいて今度は冷たいタオルで締めると毛穴や皮膚に負担をかからないそうです。

まとめ

眉毛をいくら抜いても、色素沈着は起きません!!

青く見えているのは生え始めの毛が皮膚に埋もれているか、抜き方や剃り方が下手で毛の断面が青く見えているだけ。

僕は、永遠に生まれ変わる眉毛に嫌気がさし、処理時間との費用対効果を鑑みニードル脱毛(電気脱毛)をしました。一回の施術で10000円くらい。それを周期に合わせ3~4回で完了。大体2ヶ月で終わりました。ヒゲや胸毛、脇と違って、面積も狭いためこの短期間で終わります。世にはびこる脱毛サロンで眉毛をやっている店がないのは、多くのサロンが光脱毛とレーザー脱毛という非常に威力の強い脱毛法を利用しているからです。目などは失明の恐れがあるためやっていないのです。

眉毛について脱毛を考えている方は、ニードル脱毛(又は電気脱毛)ならやってくれるみたいですので検索してみては??