未だ独身の長島三奈「結婚しない理由」に胸を打たれると話題に…

今夜はTBS「独占!長嶋茂雄の真実 ~父と娘の40年物語~」が放送。
(2015年1月3日(土)よる9:00~)

長島三奈さんは言わずと知れた長嶋茂雄監督の実の娘。
母・亜希子さんの死去後、献身的に長嶋監督を支えたといいます。
そのエピソードが心打たれると話題になっているため、まとめました。

【TBS・独占!長嶋茂雄の真実】V9選手の驚異的な成績を改めて見てみよう




長島三奈さんプロフィール

長嶋家家系図

三奈さんは4兄妹の3番目・次女として生まれました。

長嶋茂雄さんの背番号3と、3番目に生まれた子女として「三奈」と名付けられました。

【経歴】
・田園調布雙葉中学校卒業
・田園調布雙葉高等学校卒業
※母・亜希子さんも同校を卒業、日本を代表する「お嬢様学校」の一つで皇太子妃雅子様や宝塚関係者の女優を多く輩出している。
・日本大学文理学部哲学科卒業
・テレビ朝日入社(1991年)
・同局退社(2000年3月)
・同局へ契約社員として再契約(2001年2月)
・父・茂雄さんの個人事務所「株式会社オフィスエヌ」代表取締役就任(2007年9月)
・テレビ朝日の契約が満了につきフリー転身(2014年1月31日)

【代表的な出演番組】
・熱闘甲子園

長男の一茂さんはヤクルト・巨人などで活躍した元プロ野球選手、正興(まさおき)さんは元プロレーシングドライバーとして活躍されました。
長女の一般女性は公の情報は公表されていませんが、㈱オフィスエヌの役員「だった」ことは明らかになっています。
「だった」という記載をしたのは、長島三奈さんが姉を「解任(=クビ)」をしたとオフィスエヌの登記簿上に記録があるからです。

あまり穏やかではないことはわかりますが、姉ではなく三奈さんに社長としての権限を渡したことはそれなりに理由があるためでしょう。

長島三奈さんが結婚しない理由

「結婚できない」わけではなく、「結婚しない」と言った方が正しいでしょう。

父の体調と、個人事務所の引き継ぎを兼ねテレビ朝日を2000年に退社。
2004年に父・茂雄さんが脳梗塞で倒れ、2007年に母・亜希子さんが死去。
さらに熱闘甲子園の為だけに2001年から去年までメインキャスターを務めるなど超多忙な毎日を送っていました。

茂雄さんが倒れる前は、母・亜希子さんが看病をしていたといいます。
心不全でいきなり倒れてしまった亜希子さんの死は家族全員予想外であったといいます。

三奈さんももう45歳になり、結婚していても全くおかしくない年齢で、自身の看病・会社経営などで「娘の時間を奪ってしまった」という思いは茂雄さんには少なからずあったでしょう。

まとめ

結婚がすべてではありませんが、女性としての生き方は結婚・出産が大きな意味を見出すでしょう。

国民栄誉賞の受賞時においても、茂雄さんの後ろについてサポートしている姿が映っておりとても胸打たれます。

最近では、フリーになったことでアメトークなどバラエティ番組などに出演する機会が増えました。

一時の最悪の状況からここまで長嶋監督が回復したのは三奈さんの力ほかありません。

ここで「結婚」となれば最も元気付けられる原因になることでしょう。

そんな長嶋監督・三奈さんの「初」共演となる、今夜「独占!長嶋茂雄の真実 ~父と娘の40年物語~」は絶対に見逃せませんね。

以上、『未だ独身の長島三奈「結婚しない理由」に胸を打たれると話題に…』でした。