[速報]松坂大輔ソフトバンク入り決定!背番号「18」+年俸4億円

 米大リーグ、メッツからフリーエージェント(FA)の松坂大輔投手(34)がソフトバンク入りすることが22日、決まった。本人が球団側に入団の意思を伝えた。DeNAなども獲得に乗り出していたが、当初から4年契約の年俸4億円を提示したソフトバンクを選んだ。2007年に旧ポスティングシステム(入札制度)を利用して西武からレッドソックスへ渡った“1億ドルの男”が日本に帰ってくる。

関係者によれば、この日、自宅のある米ボストンに滞在中の松坂からソフトバンクの担当者に対し、「お世話になります」という旨の連絡が入った。球団側は松坂が西武、レッドソックス時代に着け、現在空き番となっている背番号「18」を用意する方針だ。

ソフトバンクは潤沢な資金力を生かし、用意したのは今季の年俸を大きく上回る4年16億円(出来高除く)とみられる。DeNAも4年10億円程度を用意して交渉に臨んだが、本人からこの日までに断りの電話が入った。

松坂は当面、妻子をボストンに残し、単身で日本に戻ることになる。ただ、本拠地の福岡は夫人、倫世さん(39)=元日本テレビアナウンサー=の出身地であったことも決断に際し、背中を押したもようだ。松坂獲得は近日中に正式発表される。

サンケイスポーツ




WBCバッテリー復活!松坂ソフトバンク入りが決定

松坂大輔のソフトバンク入りが決定。

2006年のWBCで監督を務めた王会長、そしてバッテリーを組んだ細川がいるソフトバンクへ。

2015年の松坂FA争奪戦動向はこちら
2015年プロ野球セ・パ・海外FA移籍動向まとめ【金子・鳥谷・成瀬他】