新卒1年目で仕事を辞めることは悪か~今後・将来・不安・葛藤~

私の会社で、新卒1年目で会社を辞めた同期は3人いました。
次の就職先は聞きましたが、今もそこで働いているかはわかりません。

大学さえ出て、一度就職活動を経験した身であれば意外と就職先はあると言っていました。
今日は2017年4月10日、新卒の社員が1週間働いて、色々と耽っている頃だと思うので私の昔話も込めて書いてみたいと思います。




新卒1年目で仕事を辞める

utsu

新卒1年目で仕事を辞めることは悪いことではありません。40年間同じ会社で働き続ける人の方がマレですから、その点あなたは早く決断できたわけです。

ただ、色々なことを考えますよね。私も1年目の7月くらいに「こんな会社辞めてやる!!」とイキって人事に退職願を突きつけましたが、説得されて残りました(笑)
でもその当時は残ってよかったと思っています。このおかげで自分が進むべき道、自分がやりたかった事を客観視できるようになったので。

そしてその1年後に私は会社を辞めました。自分の進みたい道、やりたいことのプランをしっかりと立て、当時僕を説得した人事にも説明しました。
「今回は無理そうだな」と、そして「頑張れよ」と言ってくれました。

新卒1年目は、自分が思っている以上に自分をわかっていません。「自分のことは自分が一番分かっている」なんてウソです。周りから見たら暴走にしか見えません。では仮に、僕が新卒1年目で会社を辞めていたらどうなっていたか、今だから分かることを想像して書いてみたいと思います。

世間の評価はガタ落ち

すごく世間は冷たいです。

「逃げた」「根性なし」「どこ行っても一緒」と思われ、中々就職先を見つけるのは難しいでしょう。

さらに無意識的に前の会社よりもいい環境を望むため、当然就職活動中に要した時間と同じくらい、もしくはそれ以上の期間がかかることは覚悟しておいてください。

収入が減る

当然ですが、収入源が断たれます。

生活に困りますから次が決まるまでバイトするしかないですね。バイトは楽ですが、バイト先の人にフリーターと思われるのはとても辛いです。でもあなたもバイトの経験があればわかると思いますが、フリーターの先輩って結構楽しそうに生活してますよね。案外バイト生活でも暮らしていけるのも事実です。

親が気を遣う

実家暮らしの人は特に。

あなたも家族も、親戚やご近所さんと目が合わせづらくなると思います。また母校にも帰りづらくなり、友達とも会いづらいでしょうね。

公務員が最も楽

「公務員」と聞くと非常に美化された博識ある職種と思われますが、違います。

言葉は悪いですが、高校生でも試験さえ受かれば誰でもなれる非常に簡単な仕事です。誰も、どこも拾ってくれない、行き先が無い人が行く場所が、公務員です。“公務員は安定している”とよく聞きますが、低い給料のまま水準することもまた“安定”と呼びますので覚えておいてください。

決まってから辞めよう

新卒の頃の自分を思うと、非常にアホだった、世間知らずだったと思います。
そこをSTOPかけてくれた当時の人事の方には私は感謝しています。

当然、「辞めたい」と思ってこの記事を読んでいただいていると思いますが、そんなあなたに先輩として一言。

辞めるのはちょっと早い

多分、今後のことをあまり考えていないと思いますし、考えたていたとしても、ここ1週間で付け焼刃的に考えた薄~いものであると思います。

「そんなことない!」と思っているでしょうが、周りから見たら薄っぺらです。

別にやめる人がメンタルが弱いとか微塵も思っていません。むしろ新卒1年目で決断できる人の方が相当キモが座った度胸満点な人だと思います(自分も含め)。

あなたに何があったか知りませんが、それだけの度胸があるならもう1年我慢してその会社に居座る努力も必要ではないでしょうか。『立つ鳥跡を濁さず』ではないですが、誰しも認めるくらいの辞める理由、あるいは次の就職先を決めて、綺麗に去るのも大切です。

「御社が第一志望です」から一転して急に背を向けるような態度は人間として非常に失礼だとは思いませんか(人のこと言えませんが)。少なくとも1年、経験としてその会社での生活を送り、高みの見物で次の就職先を考えながら働いてみてはいかがでしょう。

「どうせ辞めるから」という気持ちで働くと、経験上かなり楽に仕事ができますよ。妙に決断力が出て、早く家に帰りたいので仕事の効率も高くなります。私はなりませんでしたが、そのうち仕事が好きになるかもしれませんしね。では、もう少しだけ、頑張ってみてください。グッドラック!


なお、しっくりこなかった方へ。私はこの記事を読んでなんとなく腑に落ちたというか、楽になりました。参考にしてみてください。

第二新卒の就職の現状と厳しさ~20代転職のリアルを解説