【卒業旅行】海外に行くなら持っておきたい便利グッズまとめ2015

旅を愛する筆者は、学生中9カ国旅行した。

大学卒業後も年に1度は国内外いずれかに旅行に行っている。

一人旅も、恋人との旅行も、サークルの仲間たちとの旅行も経験がある。
しかし何度旅に出かけても「あれ持ってくればよかった~」と反省する。

自分自身もまだまだ未熟ではあるが、旅の必需アイテムをまとめてみた。




衣類圧縮袋

定番中の定番だが、これはめちゃくちゃ使える。
だからあえて紹介。

最近のものは強固に作られているので複数回使用しても劣化しない。
以前までは一度使用すると空気の抜けが悪かったりしたのだが今は機能性がかなり高まったと思う。

筆者は、行きは洋服にシワがついてしまうので使用しないが、帰りはお土産等でかさばってしまうので衣類関係は全部圧縮袋でまとめてしまっている。

【Amazon】衣類圧縮袋 10枚組 日本製(送料無料)

ワイヤー付きロックキー

旅の初心者や無駄なところにお金をかけたくない人はその重要性があまりわからないだろう。
大学生なんかは特に。保険にも入らないし…

それはただの怖いもの知らず。
鍵がかかっていないキャリーバックは開けられてしまうし、基本誰も信じてはいけない。

キャリーバックに入れるものは最悪取られても構わないと腹をくくるべき。

鍵も付けていても大した意味はないのだけれど、間違いなく言えるのは、
狙われるのは「鍵が付いていないキャリーバック」

これは間違いない。
実行犯のその選定にかからない為に鍵をするのだ。

【Amazon】ワイヤー付3桁ダイヤル式TSAロック ブラック TL-06TW(送料無料)

海外グローバルWi-Fi



グアムやハワイといった日本人の多くいる場所への旅行であれば、Wi-Fi環境がホテルや各設備で多く整っているが、それでも完全ではない。
個人的には旅の思い出をリアルタイムでTwitterやFacebookに投稿するのが好きなので、グローバルWi-Fiは必需品だった。

また気兼ねなく調べ物ができるのは強い味方。
仲間や恋人同士の旅行ならWi-Fi一台の契約で最大5人まで使用可能。

一人旅でガイド片手に~というのもいいが、複数人での旅行ならグローバルWi-Fiは必需品。

海外でインターネットするならグローバルWiFi
完全パケット定額 1日あたり380円~

海外専用プリペイドカード

海外旅行の為にクレジットカードの取得を検討されている人もいるだろう。

キャッシュを持たなくていいし、海外だとほぼ全部の店舗でクレジットが使えるからとても便利。
しかしもっと便利であまり知られていないのが海外専用プリペイドカード

その中で最も普及しているのがマネパカード

人気の秘密は、クレジットではないので与信審査が無い点。
また16歳から取得可能なので、高校生でも持つことができる。
そして一番の魅力は、手数料の安さ

どういうことかというと、クレジットカードを海外で使用し明細をよく見ると「海外事務手数料」なるものが引かれているのをご存知だっただろうか。
無知とは怖いもので、知らず知らずのうちに金が取られている。

money

マネパカードを使用すると実質的にこの手数料が半分になる。
また安全性から言ってもクレジットを持つよりもプリペイドカードを持っている方が気持ち的に楽な面もあるということで人気のようだ。

レビュー記事⇒【マネパカード】“海外旅行=クレジット”は終了?安くて安全の理由は


ボディバッグ

貴重品の管理は海外旅行で最も神経を研ぎ澄まさなければならない。

特に日本人観光客はカモにされることが多い。
肌身離さず貴重品は手にしておきたい。

そう言った意味で体に密着させるボディバッグは安全面からも良し。
そして常に前掛けスタイルで。

【Amazon】THE NORTH FACE アウトドア ウエストバッグ

まとめ

travel

こういうまとめを作っておいてなんだが、旅を面白くするポイントは

持っていくモノを少なくすること。

筆者の場合、持っていくものは上記の5点とパスポートが基本。
細かいものはあるが、あまり凝ったものは持っていかない。

特にかさばる洋服は本当に必要最低限。
現地で買うことがほとんど。

卒業旅行だと色々なものを持って行きたくなるのはわかるのだが、結局使わないものばかり。
まあどんな旅行になっても友達と一緒にいるっていうだけで楽しいんだけどね。

実は海外じゃなくてもいいって思っているのは内緒

ハプニングも旅の醍醐味、それを次に活かせばいいだけだから、完璧な旅行は求めずに気楽に思い出を作ってもらいたい。

それでは、良い旅を。