京都大学から史上初のプロ野球選手!田中英祐がロッテから2位指名 この男一体何者?

2014年10月23日に行われたドラフト会議にて、プロ野球史上初めて京都大学の選手に指名があった。

ロッテがドラフト2位で指名したのは田中英祐(京大)。
京都大学へは現役入学、綺麗事ではないまさに文武両道。

大学は工学部に在籍し工学基礎化学を専攻。週3日の実験をこなしながらリーグ戦・練習に備えたという。




プロフィール

kyo

 田中英祐(たなか・えいすけ)

1992年(平成4年)4月2日

兵庫県生まれ

米田西小4年から「塩市少年野球団」で野球を始め、三塁手、外野手、捕手。白陵中で投手に転向。白陵では1年秋からエース。2年夏に兵庫大会3回戦進出。京大では1年春から登板し、連敗を「60」で止めた。通算7勝23敗。

昨秋ベストナイン。180センチ、75キロ。右投げ右打ち。

2014年ドラフト指名選手 背番号・年俸一覧

田中英祐と、ある大選手との共通点

kyodai2

149kmの速球を武器にした実は本格派のピッチャー。

変化球はフォーク、カーブ、スライダー、ツーシーム、カットボールなど多彩で、スカウト評価だと「西武の岸」にタイプが似ていると見られている。

また、プロから注目されてきた理由は「故障しにくいタフな体」だ。

日本代表選考合宿に参加した際、他の選手と比べ7kgも体重が少ないこと知り体格差を痛感。
そこから、「食べる」ことをトレーニングのメニューに入れ体重を増やした。

しかしそうでなくても、もともとが故障の経験の無い選手。
どんなに速い球が投げられても、たくさんホームランを打てても、“ケガ持ち”の選手はどこも取りたがらない。

実は「ケガをしない」ことが一番の彼のアピールポイントなのだ。

早くも格差…13年ドラフト生が初の契約更改 年俸ランキング
2年目のジンクスはあるか 12年ドラフト生年俸ランキング

田中英祐がプロで活躍するためには

ケガが少ない選手としてよくイチローの名前が挙げられるが、イチローの場合は徹底して「変わらない」ことを意識したトレーニングを行っている。

「昨日と違う自分がいるかの確認作業を毎日行う」

イチローがよく使う言葉だが、まさにそのとおり。
しかし、これができるのは自分のことをよく知っている選手だけ。

連続試合出場の記録を見ると、なんとなくそのイメージが沸くだろうか。

NPB連続試合出場数ランキング
1位 衣笠 2215試合
2位 金本 1766試合
3位 鳥谷 1322試合(継続中)
4位 松井 1250試合
5位 飯田 1246試合
6位 広澤 1180試合

自分と向き合い、自分のことをよく分かっている選手。

例えばイチローは、デッドボールなどで打球を身体に受けたとき、絶対に患部を冷やしたりしない。

「え?なんで?」

理由はない。
イチローにとって最適な治療法はイチロー自身がわかっているからだ。

怪我をしない為の方法は、自分の身体について知ること。
京大・田中選手はそれができるのかもしれない。

プロ野球生命成功への道は・・・

kyo1

過去、東大から5名のプロ野球選手が排出されているが、いずれもプロでの目覚しい活躍はない。

新治 伸治(大洋)・・・通算9勝6敗
井手 峻(中日)・・・通算1勝4敗
小林 至(ロッテ)・・・1軍出場機会無し
遠藤 良平(日本ハム)・・・1試合出場 勝ち負け付かず
松家 卓弘(横浜⇒日本ハム)・・・通算0勝1敗

彼を生かすも殺すも、1年目についてはダイレクトに監督、コーチが影響する。

ロッテに入団するわけだが、監督の伊東勤、投手コーチ川崎憲次郎は個人的にピッチャーにとっていい環境であると思う。

言うまでもないが、頭のいい投手であることは間違いないので、小宮山悟、桑田真澄のような頭脳派のピッチャーとなって欲しい。

kyodai

最後になるが、日本ハム・有原(早大)、楽天・安樂(済美)など、またしてもパ・リーグにばかり話題性のあるピッチャーがいってしまった。

しかしこればかりは実際にシーズンが始まってみなければ分からないところ。

個人的に一番気になるのは、巨人が育成で指名した川相Jr.
阪神ファンの筆者だが、密かに応援している…。