【チャーリー西村】でんじろうの助手“弟子じろう”は海外でも大活躍

みんな大好き米村でんじろう先生の一番弟子をご存知だろうか。

助手でありながら時にはでんじろう先生よりも目立ってしまい、国内外問わずこれまで500回以上の講演や実験教室を開催してきたサイエンスエンターテイナー。

その名も「チャーリー西村」(通称:弟子じろう




チャーリー西村のWikipedia風プロフィール

チャーリー西村 弟子じろう

本名:西村聡一
芸名:チャーリー西村(ちゃーりー・にしむら)
通称:弟子じろう(でしじろう)

株式会社サイエンスエンタテイメント代表取締役
また、有限会社でんじろうサイエンスプロダクションの一員

株式会社サイエンスエンタテイメントとは

サイエンスエンタテイメント

株式会社サイエンスエンタテイメントは米村でんじろうサイエンスプロダクションから派生して生まれた会社。
米村でんじろうサイエンスプロダクションは「3つのE」から成り立っており、
その一つである「Entertainment」を構成している。

science2

エンターテイメントを通じて子供たちに科学の面白さを伝えることが使命。
ワクワク・ドキドキを感じてもらう大規模なサイエンスショーから、小規模で実際に授業を受けながら行う科学実験教室などを通じて科学の魅力を伝えることが主な事業内容。

公式HP:http://www.science-ent.com/

海外やメディアから引っ張りだこな弟子じろう

チャーリー西村 弟子二郎

1996年からでんじろうの助手としてサポートしメディアにも出演、単独でも実験教室やサイエンスショーを行い知名度を高めていった。
2000年には台湾から「国際幼児教育学術研修会」の海外客員講師として招かれた。これは日本人としては初めてのこと。

これを機に「実験に言葉の壁は無い」ことそ知り、海外で多数のサイエンスショーを実施。
アメリカ・中国・台湾・サウジアラビアなど。

日本メディアでも「世界一受けたい授業」など教育番組を中心に出演。

これまでに行った科学教室やサイエンスショーは500回以上。
でんじろうの助手としての出演も含めると1000回にのぼる。