今更聞けない「ふるさと納税」とは~誰でもできる得しかしない節税対策

ふるさと納税

最近よく聞く「ふるさと納税」

「お得!!」ということは知っていても、その概略について詳しく理解している人は意外といません。
だんだん地方にお金が回るようになったものの、実際に制度を利用している人は少ないのです。

しかし、2008年から始まったこのふるさと納税も2015年4月1日から法改正があり、より身近に、よりお得になりました。

ふるさと納税 一言で言うと…

furusato

ふるさと納税を一言で言うと、
「2,000円でできる特産品ギフト」

地方にお金を寄付することで、その見返り(特典)として地元の特産品をもらうことができるという制度です。

ふるさと納税の目的

ふるさと納税は、人口の都市集中でお金が地方に回らなくなってしまった現状を打破するために2008年から始まった格差是正推進制度です。これが始まったおかげで地方の税収は回復し、逆に東京都の税収はびっくりするくらいに減収しています。もともと地方のお金だったものが、地方に返済されているようなイメージです。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税は、我々が自治体に「寄付金」という形でお金を払うと、その見返りとして地元の特産品や体験、旅行などの特典を得ることができます。そしてその寄付をした金額を確定申告すると、そこから2000円を差し引いた額の税金が還付・控除されるというわけです。

例えば、50,000円のふるさと納税を行ったとすると、

【50,000-2,000=48,000円】が所得税・住民税から控除され、48,000円分の特産品を2,000円で購入したのと同じになり、節税となるのです。

今の日本の税金システムは搾取された分の享受・見返りが納税者に何もないというのが現状です。お金を頑張って稼いだ人ほど損をする累進課税の国においてこのふるさと納税のシステムは非常に画期的だと人気を博しているのです。

「ふるさと」でなくてもいい

ふるさと納税がここまで発展した理由は、いわゆる「故郷」や「生まれた土地」でなくても寄付をしていいという点にあります。
各自治体のホームページなどを見て、欲しい特産品があればそこにふるさと納税をすることが可能です。

なぜこのようになったかというと、「ふるさと」の定義付けが非常に曖昧だからです。
私も、生まれた地こそ東京ですが、今住んでいる場所は違います。大学に通うため上京したという人も、転勤族で色々な地に住まった経験のある人も、人生において色んなバックグラウンドがあるため「ふるさと」を定義することが非常に難しいのです。

従って、「ふるさとは日本!」ということにしてしまって全国どこでも・誰でも・何度でも・いくつでも寄付できるようにしたのです。

上限額はあるので注意!

そうするとこういうことを考える人が増えてきます。

「じゃあ、ふるさと納税で生活できるくらい10万でも20万でも寄付しよう」

実は、そういうことはできません。ふるさと納税は各世帯の年収や家族構成によって寄付できる上限額が決まっており、いくらでも寄付できるというわけではありません。

ふるさと納税 上限金額早見表

寄付者の
給与収入
独身or共働き妻が専業主婦
子供無し・又は中学生以下
妻が専業主婦
子供1人(高校生)
妻が専業主婦
子供2人(大学生・高校生)
共働き
子供1人(高校生)
共働き
子供2人(大学生・高校生)
300万3万円2万2000円1万4000円4000円1万8000円1万円
350万3万8000円3万円2万2000円8000円2万6000円1万6000円
400万4万6000円3万8000円3万円1万6000円3万4000円2万4000円
450万5万8000円4万6000円3万8000円2万4000円4万2000円3万4000円
500万6万6000円5万8000円4万6000円3万2000円5万2000円4万2000円
550万7万4000円6万6000円5万8000円4万2000円6万4000円5万2000円
600万8万4000円7万6000円6万8000円5万2000円7万2000円6万4000円
650万10万6000円8万4000円7万6000円6万4000円8万2000円7万2000円
700万11万6000円10万8000円8万6000円7万4000円10万4000円8万2000円
750万12万8000円11万8000円11万円8万4000円11万6000円10万6000円
800万14万円13万円12万円10万8000円12万6000円11万8000円
850万15万円14万2000円13万2000円12万円13万8000円12万8000円
900万16万2000円15万2000円14万4000円13万円15万円14万円
950万17万4000円16万6000円15万6000円14万2000円16万2000円15万2000円
1000万18万6000円17万8000円16万8000円15万6000円17万4000円16万4000円
1500万38万8000円37万8000円36万6000円35万円37万4000円36万2000円

こちらは『ふるさと納税超入門(宝島社)』より引用しています。
見にくくてすいません…

この他に、年金生活をされている人のケースや、企業ではなく自営業で生活されている人のケースもまた上限額変わります。正確な金額は税務署で確認してください。

ふるさと納税まとめ

ふるさと納税始めたくなりましたか??

「得しかしない」という謂われがお分かりいただけたと思います。思い立ったが吉日、今からふるさと納税を始めましょう。

タイトルとURLをコピーしました